忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


のけぞった…。

正直、おいらは、クラヲタの合併症であるオーディオマニアの重症度は相当低い。だけど、良い音では聴きたい。で、買ってみたのだ、LINNのSACD。

実は、恥ずかしながら、LINNがレーベル持っていることを全く知らなかった。そんで、知ったら、おののいて、欲しくなった。だって、LINNだよ?英国王室御用達の高級オーディオメーカーだよ?CDプレイヤー、100万オーバーが普通のメーカーだよ?プライドってもんがあるだろ、プライドってのが。EMIだの、ソニーだのと変わんないもの作ったって、プライド、ズダズダって世界だ。もちろん、録音機材は、本気モードのLINNのものばかり。おそれおののけ。

とか、オーバーすぎる多大な期待を掛けて、GWの自宅警備・情報収集の供に買ったのだ。SACDプレイヤー持ってないのにさ(汗)。だから、ハイブリッドとは言え、スタンダードステレオしか聴けない。偉そうなこといえない。

そんな状況で、聴いてみて…のけぞった。さすがLINN。スタンダードステレオで、素人が聴いてもこれは、判る。LINNの面目躍如。克明な音色。臨場感があって、凄くクリアな音だ…。音の輪郭がはっきりとしていてよどみがない。素晴らしい。もう、今後はみんなLINNでレコーディングすればいいのに。

あ、今聴いて、感想書いているのは、以下のソフト。

モーツァルト:交響曲第38番~41番
 マッケラス指揮スコットランド室内管弦楽団

マッケラスのモーツァルトはプラハ室内管との旧盤も名演だけど、新盤はさらに良い。軽い疾走感がさりげなく気持ち良い。旧盤同様、小編成のモダン楽器のピリオド奏法だが、チェンバロは消えた。40番の終楽章とか、もはや、肉体的に気持ちがイイ。しばらくは、モーツァルトの交響曲を聴くときは、このCD聴いてしまいそうだ。

あー、はやく、はやく、SACDプレイヤー買わないとなぁ。出来れば、LINNで。中古で安いのでないかなぁ。現行の型だと、一番安いのが、80万円台であったな。はい、無理。別にLINNじゃなくてもいいけどね。無理だし。どうせ、無理だし(涙)。

linn.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.