忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


GWはウィーン&ブダペストに行っていた。今更ながらまとめておこうと思う。

まずは、行程。

4/28 成田→ウィーン
オーストリア航空の直行便。若干の遅延はあったものの、ウィーンも3度目と言うことで殆ど迷うことなくホテルまで直行。ウィーン・ミッテ駅は工事が終わって綺麗になっていた。

4/29 ハイリゲンシュタット散策と美術史美術館
少し遠くて今まで敬遠していたハイリゲンシュタットに行ってみた。ベートーヴェンの散歩道は思ったよりも自然豊かで静かな場所だった。美術史美術館はウィーンに行ったら絶対に行くべきところ。ゆったりとソファーに座ってブリューゲルを鑑賞することができる。夜はムジークフェラインでメータの80歳バースデーコンサート。盟友バレンボイムとウィーン・フィルと祝祭的なコンサートを繰り広げた。演目は下記の通り。

ベートーヴェン
序曲『レオノーレ』第3番
ピアノ協奏曲第3番
交響曲第7番

4/30 ザルツブルク小トリップ
格安鉄道ウィストバーンでザルツブルク1日観光。格安といっても、居心地もよく、時間も正確。Railjetと所要時間も変わらない。ザルツブルクも2度目と言うことで、短時間でサクサクッとまわる。残雪のアルプスと新緑のコントラストが美しい。ウィーンに戻って夜はウィーン交響楽団の定期演奏会。本当は、ウィーン・フィルの定期演奏会を予定していたんだけれども、残念ながらチケットを確保できず。急遽抑えた演奏会だった。指揮は、インゴ・メッツマッハ。演目は下記の通り。

ヨハン・シュトラウスⅡ
『ウィーンの森の物語』
ヤナーチェク
『利口な女狐の物語』組曲
R.シュトラウス
アルプス交響曲

5/1 ウィーン市内散策
市民公園、音楽観など。街歩き中心。この日のメインはなんと言ってもウィーン国立歌劇場の『トゥーランドット』。ドゥダメルのウィーン国立歌劇場デビュー。

5/2 ウィーン→ブダペスト
オーストリア国鉄の誇る特急Railjetでブダペストに移動。ウィーン、プラハ、ブダペストは3都市セットでツアーが組まれることが多いけれども、個人的にはブダペストに行ったことがなかったので是非行ってみたかった。夕方に王宮の丘のすぐ下にある雰囲気の良いホテルにチェックイン。居心地がよくてゆっくりしていたらいつの間にか夜に。ドナウの宝石と呼ばれる夜景散策に出かける。これ以降16番のバスに乗りまくる。

5/3 ブダペスト散策
午前中、王宮の丘、音楽博物館、リスト博物館などをめぐる。午後は街歩き。そして、夜は再び夜景散策。

5/4~5 ブダペスト→ウィーン→成田
ブダペストからの帰路、ウィーンで乗り継ぎに5時間ほどあったので少し街に出てみた。散々歩いているのであまり見るものもないが、昼食等を楽しむ。

ざっくりこんな感じ。今回はコンサートが少なめだったけれども、漸くブダペストに行けたのでよかったかな。


拍手[0回]

PR
■ ウィーン

ウィーン旅行中。5年振り。当たり前だけれども何も変わってはいない。下手すれば何百年も変わっていない風景だってある。

それに惹かれてくる観光客も多いはず。変わらないことが良いことでもないけれども、嬉しいことだって多い。ウィーンはこのままであり続けて欲しい。

旅行記は帰ってからまとめてあげる予定。

拍手[0回]

■ 東京へ

ホテルの前からバスに乗り、ベルリン・テーゲル空港へ。既に出来ているはずの新空港は、延期に延期を重ねて、もはやいつ出来るかわからない状態に。小さなテーゲル空港はいつまでたっても、ドイツの首都を支え続けている。

帰りはスカンジナヴィア航空で、コペンハーゲン乗り継ぎ。どのくらい時間がかかるかわからなくて、不安のある中、コペンハーゲン着は堂々の30分遅れとなった。少し慌てたが、トランジット所要時間僅かに10分。

コペンハーゲン―東京は定刻通り。到着は25分ほど早まって、9時過ぎには成田着。

今回は、7泊9日に5公演。演奏会旅行としてはまずまずの詰め込み具合か。うちオペラが3公演、オーケストラと古楽がそれぞれ1公演。コンサート派の自分としては、随分オペラの多い旅行となった。

しかし、いずれも質の高い公演で大満足。また行きたい。



拍手[0回]


昼前にライプツィヒ出発。バスで2時間ちょっとでベルリンに戻ってきた。同時刻にベルリンに向かうバスは、アレクサンダー・プラッツに行く便とZOB(バスターミナルだと思えばいい)に行く便があったのだけれども、自分が選んだのは、ZOB便。アレクサンダー・プラッツの方が良かったかなぁ、と少し後悔。ちなみに、両方ともほぼ満席。DBのストライキのおかげかな?それともいつもこんな感じなんだろうか。

本日はベルリンで特にやることもなく、少し出掛けただけで、後は夕方を待つのみ。

さて、今日はベルリン国立歌劇場へ。つっても、現在絶賛工事中のため、シラー劇場が代替として使われている。演目は、テレマンの歌劇『エンマとエギンハルト』。こんなオペラ知らない。でも、指揮者がヤーコプスで、オーケストラピットにベルリン古楽アカデミーなら聴いてみようと思って取ったチケット。予習しておけば楽しめるだろう、くらいの軽い気持ちだったんだけれども、バロック・オペラなめていた。ソフト、なし。

内容も分からなければ、音楽もはじめてのもの。これは楽しめるのだろうか。と思ったんだけれども、コミカルな演出と、ベルリン古楽アカデミーの素晴らしい演奏や歌手たちの芝居や歌で意外と楽しめた。

テレマンのオペラなんて、日本でやることあるのかなぁ。やってもお客さん集まらないだろう。こういうマニアックな演目でも、各席を埋めてしまうと言うことが、地域に音楽が根付いていると言うことなんだろう。東京もまだまだ、かな。

拍手[0回]


朝、ドレスデンを離れる。もちろん、バスで。次に目指すはライプツィヒ。未踏の音楽都市へ。

お昼前に着いて、すぐにホテルにチェックインさせてもらい、早速、音楽散策開始。

まずは、トーマス教会へJ.S.バッハ詣で。オルガンが轟々と響いていた。せっかくなので、トーマス教会のショップへ。ここで日本人の団体さんと遭遇。会計がいつまでたっても終わらないので、ひとまずすぐ近くにあるバッハ博物館へ。しかし、ここにも日本人の団体さん。日本語オーディオガイドはすべて貸し出し中…。どんだけ大人数の団体だよ…。まるで日本の博物館にいるような気分で見学。

続いてゲヴァントハウスの前を通り、メンデルスゾーンハウスへ。メンデルスゾーンがライプツィヒにいた頃にすんでいた家のひとつ。貴重な肖像画等を見学。メンデルスゾーン好きにはたまらない。

その後は、ライプツィヒ音楽軌道に沿って散策。これは、ライプツィヒ市が定めたもので、路面に埋め込まれた波状のプレートを辿っていくとライプツィヒの主だった音楽史跡や施設を巡ることができる。結構優れもの。ウィーンにも見習って欲しい。

しかし、そこそこ長いので、体力には余力を持ってい挑むべき。

さて、今夜は、ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサート。演目は、生誕150周年を記念して、ニールセンの交響曲第3番、それから定番のベートーヴェンの交響曲第7番。ゲヴァントハウスでこんなプログラムを振る人は、1人しかいないだろう。そう、ヘルベルト・ブロムシュテット。

十八番2曲、さすがに凄かった。特にニールセンは好きな曲な上に、初めての生演奏と言うこともあって、全身鳥肌が立った。ガッチリとしながら、流れるような響き。堪らない。カメラが入っていたが、これは放送用だろうなぁ。

コンサート後は、カフェバウムへ。シューマンが夜な夜な仲間と集まって音楽談話に花を咲かせていたことで有名なカフェ。店内にはシューマン以外に、多数の音楽家の肖像画やサインが並べられている。日本にもそういう
店あるけれども、ここのものは一味違う。

シューマンのテーブルの隣で食事。

音楽だらけの1日だった。

拍手[1回]


DBのストライキにもめげず、バスに乗ってドレスデンに移動。2階建てバスの最前列と言う、子供の喜びそうな席をゲットして快適に移動。つっても、バスだとベルリン→ドレスデンの2時間半が限界か。ウィーン行きのバスだったんだけれども、それは長すぎだ…。

ちなみに、料金は7€。DBの3分の1以下。安い。渋滞などの遅延が怖いけれども、DBだって何の理由か分からないけれども、無駄に遅延する。

さて、数年ぶりのドレスデン。やはり綺麗な街だ。きらびやかと言うのとは違うんだけれども、重厚でどっしりとしている。カッコいい、実にカッコいい。変に初めての街よりも、ワクワクするのは、そのせいかもしれない。

昼過ぎについて、とりあえず、散策。前回行けなかった、緑の丸天井(宮殿の宝物館)にも行ってみる。ピゼンデルが、ゼレンカがどこかで音楽を奏でたかもしれない。そんな風に思いながら観て歩いた。

夕方は、ゼンパーオーパーでオペラ。演目は、ウェーバーの『魔弾の射手』。指揮者は、音楽監督のティーレマン。今ヨーロッパ中で最も熱いコンビかもしれない。

シュターツカペレ・ドレスデンの重厚な響きに飲まれるようにしてあっという間の3時間。歌手陣は、よく知らないけれども、男声陣がすばらしかった。特にガスパールは、カッコいいヒールっぷりがはまっていて、印象的だった。隠者も◎。

これはなかなか素晴らしい音楽体験だった。映像ソフト化されるといううわさもあるので楽しみにして待ちたい。



拍手[0回]


ドイツ国鉄(DB)、毎回のように遅延だの行き先変更だのとやられている気がするけれどもね、ついにラスボス登場。ストライキ。しかも、6日間。ほぼ1週間てなんだよ、って思ったら、史上最長だそうだ。ドイツ旅行にDBは存在しないものだと思ったほうがいいのかも。

そういうわけで、DBによる運行であるS-bahnも間引き運転。ホテルの近くの駅がS-bahnなんだよね。地下鉄の駅もあるけれども、こちらは工事中のため2駅のみの運行。その先は乗換えがあるとは言え、どうなっているんだドイツの鉄道…。

そんな状況の中、ベルリンの壁に行ってきた。前回来たときには行けなかったので、見ておきたかったのだ。案外高さはない。これなら越えられそうな気がする…。

昼食は、『地球の歩き方』に載っていたベトナム料理屋へ。これが探しても探してもまったく見つからない。そして、ついに見つけた、袋小路の先にベトナムチックの店を。店の名前がどこにもないが、ここに違いないと思い席に着く。

そして、差し出されたメニュー、Nigiri Special、Gyu-don…すし屋じゃん…。しょうがないのですし食べた…。

そして、夕方。今日は、フィルハーモニーでコンサート。と言っても大ホールじゃなくて、小ホール。サヴァールとコンセール・デ・ナシオンによるバロック音楽。リュリ、ラモー、ロゼンミュラー、ヒタ、ボッケリーニというプログラム。

小ホールと言ってもそこそこの広さがあり、古楽器をやるには音が遠い。席がよくなかったと言うのもあるんだけれども。

ヒタと言う作曲家ははじめて聴いたのだけれども、メロディが綺麗で◎。ボッケリーニの『マドリードの夜警隊の行進』も面白くって大いに盛り上がった。アンコール2曲もなんていう曲かわからなかったけれども、テンポがよくってお客さん大盛り上がり。

ちなみにこの日の大ホールは、ヤノフスキ&ベルリン放送交響楽団のR.シュトラウス『ダフネ』。今夜のカラヤンサーカスは、相当濃厚だったわけだ。



拍手[0回]


移動日である。7:43、コペンハーゲン中央駅発のICEに乗り込む。ICE、そうドイツ国鉄の誇る高速鉄道。なんと海を渡ってコペンハーゲンまで来ているのだ。ドイツ北部の工業都市ハンブルクまで4時間半くらいで結んでいる。

が、この7:43発のICE38だけは、ハンブルクを経由してベルリンまで直行しているのだ。所要時間は7時間弱。なかなかの長距離移動になるが、今回はこれに乗ってベルリンを目指す。なお、普段はベルリン中央駅まで行くがこの数日間は、工事の影響で、ベルリン・シュパンダウまでの運行。

今回は長距離移動と言うこともあって1等車を取ってみた。と言っても早くに予約をしてしまえば、1万円前後で買えてしまう。前述の行き先変更の件でいろいろあったけれでも、無事乗ることができた。

さて、海を渡るICEと言っても、橋があるわけではない。どうするのか。なんとフェリーに乗ってしまうのだ。そう、ICE丸ごと!なかなか豪快な発想で…。

船の中は充実していて、ビュッフェレストランから軽食コーナー、それに、結構本格的な店舗がいくつも入っている。短距離のフェリーと言えども国際線。設備はそれなりに揃っているのだ。観光客の自分は、散歩しまくり。デンマーク名物のオープンサンドを食べてみたりもした。

ベルリンへは14:30前に到着。長かったけれども景色なんかを見ていれば、どうと言うこともない。フェリー経由と言うイベントもあってなかなか楽しめる。飛行機は早いけれども、こういう楽しみはない。



拍手[0回]


コペンハーゲン2日目。朝から人魚姫を見に行く。さすがは世界3大がっかり名所、観光客は絶えないが、滞在時間は異常に短い。ブリュッセルの小便小僧に続き、2つ目のがっかりをゲット!残すはマーライオンだけだ。いつ行こうか、いや、行かないでいい。

その後、ローゼンボー城へ。ダウランドの仕えたクリスチャン4世が建造した城。ただ、この城の建造年とダウランドがイギリスに帰った年が同じなので、ダウランドがこの城で演奏したかどうかはわからない。

続いて、ニューハウンで昼食。ニシンビュッフェでニシンのみの昼食。

で、午後は、オペラハウスへ。近代的でカッコいいオペラハウスだ。ここで、今回のコペンハーゲン滞在の最大の目的、ニールセンの歌劇『サウルとダヴィデ』を聴く。オーケストラピットに入るのはデンマーク王立管弦楽団。世界最古のオーケストラと言われている名門だ。また、ニールセンがここで長くヴァイオリン奏者を務めていたことから、彼の作品のほとんどを初演していることでも知られている。指揮は、シェーンヴァント。北欧音楽、特にニールセンに定評のあるデンマークの誇る名匠だ。

手堅いながらも、ニールセンの魅力を知り尽くしている指揮者とオーケストラによる最高の演奏。ニールセン生誕150年の記念年にコペンハーゲンでこの演奏を聴くと言う贅沢。クラヲタにとってはたまらない。ソフト化も予定されているとのこと。

夕食は豚料理。デンマークと言えば、豚。なので、デンマークで豚を食べるのも、今回の目的のひとつだった。何とか遂行できてよかった…。

拍手[0回]


スカンジナビア航空に乗り、機内でニールセンを聴きながらやってきたのは、デンマークの首都コペンハーゲン。初コペンハーゲン、初北欧。

何かと滞りがちな国際線だが今回は、珍しくスムーズに。と思ったら、飛行機から荷物を下ろしてからコンテナごと行方不明になるというミラクルな理由で小一時間待たされる羽目になった。このくらいはしょうがないか。

さて、コペンハーゲン。日が長い。9時をすぎてもまだまだ外は明るい。そして、寒い。コートがあればいいと思って出かけたのだけれども、マフラーも必要だった。

東京はだいぶ暖かかったのに。さすが北欧。晴れていたのは幸い。

町はあまり美しくなくて、少しテンションが下がったけれども、ヨーロッパの町って、遠目ばかりきれいなところが多いから、そんなものだと思うことにして、明日も楽しみたい。



拍手[0回]

 | HOME |  次のページ
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.