忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1443] [1442] [1441] [1440] [1439] [1438] [1437] [1436] [1435] [1434] [1433]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドイツ国鉄(DB)、毎回のように遅延だの行き先変更だのとやられている気がするけれどもね、ついにラスボス登場。ストライキ。しかも、6日間。ほぼ1週間てなんだよ、って思ったら、史上最長だそうだ。ドイツ旅行にDBは存在しないものだと思ったほうがいいのかも。

そういうわけで、DBによる運行であるS-bahnも間引き運転。ホテルの近くの駅がS-bahnなんだよね。地下鉄の駅もあるけれども、こちらは工事中のため2駅のみの運行。その先は乗換えがあるとは言え、どうなっているんだドイツの鉄道…。

そんな状況の中、ベルリンの壁に行ってきた。前回来たときには行けなかったので、見ておきたかったのだ。案外高さはない。これなら越えられそうな気がする…。

昼食は、『地球の歩き方』に載っていたベトナム料理屋へ。これが探しても探してもまったく見つからない。そして、ついに見つけた、袋小路の先にベトナムチックの店を。店の名前がどこにもないが、ここに違いないと思い席に着く。

そして、差し出されたメニュー、Nigiri Special、Gyu-don…すし屋じゃん…。しょうがないのですし食べた…。

そして、夕方。今日は、フィルハーモニーでコンサート。と言っても大ホールじゃなくて、小ホール。サヴァールとコンセール・デ・ナシオンによるバロック音楽。リュリ、ラモー、ロゼンミュラー、ヒタ、ボッケリーニというプログラム。

小ホールと言ってもそこそこの広さがあり、古楽器をやるには音が遠い。席がよくなかったと言うのもあるんだけれども。

ヒタと言う作曲家ははじめて聴いたのだけれども、メロディが綺麗で◎。ボッケリーニの『マドリードの夜警隊の行進』も面白くって大いに盛り上がった。アンコール2曲もなんていう曲かわからなかったけれども、テンポがよくってお客さん大盛り上がり。

ちなみにこの日の大ホールは、ヤノフスキ&ベルリン放送交響楽団のR.シュトラウス『ダフネ』。今夜のカラヤンサーカスは、相当濃厚だったわけだ。



拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.