忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010のお題が発表された。ショパン…だって。こんな作曲したジャンルに偏りのある作曲家で何とかなるんだろうか?「その仲間たち」でお茶を濁すのだろうか。ベートーヴェン、モーツァルト、バッハ…で、ショパン?一人でこんな大規模イベント支えられる作曲家なんだろうか。

おいらの予想はブラームスだった。ベートーヴェン、モーツァルト、バッハの後をまともに受けられるのは、ブラームスくらいしか考えられない。それがショパンだぁ~。記者発表によれば、「リスト、メンデルスゾーン、アルカン、ショパンに影響を与えたモシェレス、フィールド、パガニーニ、またロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティらベルカントの作曲家も登場」とのことなので、他の作曲家にだいぶ助けてもらうしかないだろうなぁ。にしても、ベルカントまで範疇にしてしまうなんて…。

コルボ御大は…この中では、メンデルスゾーンの宗教曲くらいしか出番はない。そこに大いに期待。今年、バッハの大作を2つ演奏したことで、翌年のメンデルスゾーンの宗教曲に強力に結びつけることが出来るのだなぁ。『エリア』とか、『聖パウロ』を聴きたい!と、ポジティブに考えてみるも、来年は来日しないんじゃないかと言う不安が大部分を占める。今までの中でもっともコルボ師匠の出番のないお題なもんだで。これまでのLFJで人気を博した他の演奏家もなかなか出番がなさそう。

開催、2日間くらいで良いんじゃないか?(←昨日と真逆のことを言っていたりする)それとも、この不況下、ピアノ独奏曲ずらりと並べれば、出演者が少なくて済んで、安上がりで出来るとか?そんな穿った考えもちらほら頭を過ぎる。

余程目を惹くようなピアニストが来ない限り、あまり魅力的ではない。良い意味で期待を裏切ってくれるプログラムの発表をお願いしたいところだ。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
うむ、ごもっともな意見ありがとうございます。
来年はきっと満足して頂けるよう頑張ります。
884 2009/05/06(Wed)20:47:44 #EDIT
TITLE > 無題
応援しているのでがんばってください。
schunsou 2009/05/06(Wed)20:53:45 #EDIT
TITLE > 無題
ショパンですか・・・。
いずれにせよコルボが出演してくれるのならそれで良いです。

出演者の発表はいつころ判明するのでしょうか?
F2 2009/05/07(Thu)09:32:41 #EDIT
TITLE > 無題
ショパンです…。

出演者の発表は例年2月のプログラム発表時です。その前に、何らかの形で「来年も行きますよ!」みたいなこと言うかもですが。
schunsou 2009/05/07(Thu)10:28:03 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.