忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[284] [283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ハイドン没後200周年!!偉大な作曲家なんだけど、割合と軽んじられている作曲家だと思う。ちなみに、おいらは、好きな作曲家なんだよね。クラシック聴き始めて、モーツァルトの次に聴いたのがハイドンだった。多分おいらをこの世界に引きずり込んだ張本人の一人だ。

と、言いつつ、このアニバーサリーな年にようやく1枚目ゲット↓

ヨゼフ・ハイドン:ミサ曲第9番 ネルソン・ミサ&テ・デウム
 ピノック&イングリッシュ・コンサート 他

ミサって言うと、教会で厳粛に鳴るものってイメージがあると思うけど、ネルソン・ミサはちょっと違う。怒涛の祈りとでも言えばいいだろうか。冒頭から力強く、パワーが放出される。そして、その怒涛の音楽の中に、散りばめられる美しい祈りの響き…特にGloria in excelsis Deoでのソプラノ。す、素敵過ぎるぜ。ノリノリで敬虔な異様な興奮。

さて、今回、購入したのはピノック…という事で、オリジナル楽器。今まで聴いていたのは、モダン楽器だったので斬新か。機動力十分の疾走感溢れる演奏だ。ドッシリ構えないで、一気呵成に爽快にまくし立てる。息を呑んでいる間に40分があっという間に終わってしまう。何も考えずに、ただ音楽に身をゆだねよう!!とりあえず、難しいことは考えない。音楽を聴くだけ。そうすれば、ピノックが素晴らしいネルソン・ミサの世界を聴かせてくれる。カップリングのテ・デウムも快演。

これを期に折角のアニバーサリーなので少しハイドンにはまってみようか。来週はバーンスタインのハイドン録音集が爆安で発売される予定。交響曲全集とか聴ききれる自信がないけど、これは欲しい。HMVなどの録音の詳細には書いていないけど、テレジア・ミサに、ルチア・ポップが参加しているはず。ここ数年入手困難だっただけに楽しみなセットだ。

nelsonmass.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.