忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[757] [756] [755] [754] [753] [752] [751] [750] [749] [748] [747]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


そいえば、ルノー・カプソン&フランク・ブラレイのベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集を買った。全集じゃなくても…と言う買い方はできない。のっけから全集でリリース。全曲のマラソン・コンサートを2009年から2010年にかけてのシーズンで50回もやった挙句に一気呵成にスタジオ録音したらしい。素晴らしき暴挙である(笑)。何故そんなことをしなくてはいけなかったのか、本人たちにはそれなりの理由があったのだろうが、傍から見ると「す、すげぇな…」としか言いようがない。

因みに、録音も僅か4日間。まぁ、50回もやっているんだから、もう慣れたものだったのかもしれない。場所はスイスのラ・ショー=ド=フォン。室内楽の録音では時々聴く街だが、それ以外では全く知らない街。ウィキペディアによれば、スイス第3の街らしい。有名なのか。おいらが無知なだけなのか。

さて、この全集、まだ全部は聴いていないんだけど、まったくもって素晴らしい限り。カプソンのヴァイオリンは相も変わらず、精緻で美しい。ガリゴリ弾き荒さない。なのに、テンションは相変わらず高くって、燃焼度の高い演奏になってしまうのが実に妙なところだ。美麗と熱演は相反するところにいる、なんてのは、一見すると正論のように感じてしまうんだけれども、実はそんなことなくって、実は、同居することも可能なんだよ、ってやって見せちゃってくれている。美しさを求める人も、熱演を求める人も、十分満足できる逸品。

ちなみに、HMVの記事によれば、バッハの無伴奏をやる前にベートーヴェンのソナタをやっておきたかった、と言うことなので、そろそろ、録音されちゃうんじゃないだろうか、無伴奏。どんな、無伴奏になるか、とても楽しみなところだ。

無伴奏と言えば、そうそう、ハーンにも是非、全曲録音して貰いところだけれども、こちらはどうなんだろうか。

capucon-beethoven.jpg








拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.