忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ほらほら、クラヲタがスタバと言えば、スターバト・マーテルのことで、一瞬、非クラヲタは引っかかってしまうんだけど(←ウソだよ?)、それと同じようにDSと言うと、ニンテンドーDSのことじゃなくて、ドイツ・シャルプラッテンのことだったりする(ちょこっとホントのこと)。

で、そう言えば、このレーベル、どこ行っちまったんだろうか?ドイツ・グラモフォンがあるせいで、似たようなドイツのレーベルかと思いきや、実は、日本のレーベルだったりする(ちなみに、ドイツ・グラモフォンも英HMVのドイツ支店みたいなもんが独立しただけ)。

詳しいことは、資料が見つからなくて判らないんだけど、東ドイツで大量の録音を残し、消え失せた(?)レーベル、エテルナの復刻用レーベル…と言う印象。エテルナはメロディアやスプラフォンと同じで、昔で言うところの東側の国のレーベルなわけだが、これらのレーベルって独占的にレコーディングを行っていたから、商業主義的なことを考えないで、面白い録音をたくさん残していた。んで、競争相手がいなかったから、録音の質にはあまり気が配られなかった。一長一短。その後、崩壊、消滅…したかどうか、消息は不明。

それで、復刻用レーベルがたくさん出来た(スプラフォンだけは今も健在なので、そう言う存在はない)。なにせ、録音は大量にしたが、CD化する商業力がないもんだから、色んなレーベルが群がってくるのだ。日本でも、ドイツ・シャルプラッテンがその事業に乗り出した…ってわけだ。ちなみに、輸入盤は殆どベルリン・クラシック。おいらも、最初の頃は、ベルリン・クラシックとドイツ・シャルプラッテンの関係が、良く判らないで戸惑っていた。

まぁ、そんなわけで、方々で、「スウィトナーがドイツ・シャルプラッテンに録音した…」とか、「ドイツ・シャルプラッテンにケーゲルが録音した…」とか、そんな表現を見るたびに「それは違うだろ!!」と突っ込みたくなるのである。ドイツ・シャルプラッテンは、言ってしまえば、ブリリアントと同じ立場なのだ、と。

あぁ、それで話を戻そう。どこいったんだ?ドイツ・シャルプラッテン。おいらの印象では、このレーベルの役割は終わったのかなぁ、って感じがする。エテルナ音源は輸入盤で買えれば十分だし。そもそも存在価値あったのか?

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.