忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近、秋葉原とそこにいる人たちを見ると妙に哀愁を感じるのだ。メイドのかっこうをした萌え、A-Boy、仕事で通りかかったサラリーマン…なのか、オタリーマンなのかわからないけど、そういう諸々の人たちすべてひっくるめて、秋葉原の風景に哀愁を感じるのだ。センチメンタル、秋葉原。理由は不明。

そんな秋葉原で、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ、『月光』と『悲愴』が欲しくなった。今の自分の目に映る秋葉原にはピッタリの曲なのだ。実は、この有名曲、記憶にある限るケンプ盤しか持っていない。もう少しあってもいいかとも思う…という訳で、セカンドチョイスは…無難にルービンシュタイン盤を買ってみた。ホントは、ピアノ協奏曲第5番『皇帝』で感銘させられたカザドシュを選びたかったんだけど、石丸にはなかったのだ…残念。

無難とか、セカンドチョイスの第2希望とか…まぁ、これほどルービンシュタインに失礼な書きようもない。んで、やっぱりな、上手いんである。反省して、CDの前で平に伏して謝りたい。力をすっと抜いていて、説得力がある。語り口が上手いとか、表現力が豊かとか言うやつだろうなぁ。とっぷりと曲の良さに浸れる演奏。こんどこの演奏をデジタル・オーディオ・プレイヤーで聴きながら秋葉原を歩いてみよう。きっと違和感満載で…「あれれ?」と思うに違いない(笑)。

rubinstein-beethoven.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.