忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


円高→個人輸入最適期なのだ。と言うわけで、amazon.deからフランチェスカッティのモーツァルトの協奏曲集を取り寄せた。ワルターとの3番&4番は日本でも容易に手に入るけど、今回、取り寄せたのは、シュトルツと言う指揮者と共演した2番&5番『トルコ風』(+ワルターとの3番)を収めた1枚。もちろん、廃盤。ドイツのamazonにだけあったのだけど、値段はそんなに高くなかった。なので、即買い。amazonって、廃盤だと結構、異常な値段つけていたりするから、もっけもん。

演奏も上々。ワルターとの共演から10年、引退数年前の演奏だからにして、力んだところのない良い演奏だと思う。以前の録音に比べると底抜けに明るい美音はやや影を潜め、より線が細く感じられないこともないけれども、実に綺麗で、押し付けがましくないモーツァルト。バックについては、5番の終楽章でもう少し、凄みが欲しいかなぁとは思ったけど、いいんじゃないかな。ワルターだったらどうだったろうと、思わないわけではないけど。オーケストラはチューリヒ室内管弦楽団。聴いたことがありそうでないオーケストラじゃないかな。シュトルツとは、ミケランジェリのハイドンでバックを演奏していたりした。


francescatti-mozart.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.