忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


クラシック音楽のソフトの場合、中古=安価と言うことには決してならない。国内盤で2,500円で売られていたCDが、中古屋で1,800円で売られていたとする。ところが、これが新品の輸入盤だと1,890円で売られていて、国内盤の廉価盤シリーズに投入されて1,500円だったりする。コレクター的に初版にこだわるなら1,800円の中古を買うかもしれないが、普通は、輸入盤か、廉価盤を選んで買うことになるだろう。なにせ、所詮中古だ。もちろん、中古が安い場合も多々ある。ただし、現在、新品でいくらの値段のものなのか、把握していないとそれはわからない。そうとう情報に敏感な人でないと、その判断は難しい。いかにせん、現在の輸入盤CDの廉価化はすさまじい。

ところが、中古CDショップに行くと、ずいぶん、たくさんの人がいるのだ。そして、みんなわっさりとCDを購入している。400円とか、600円とかに目をつけているのだろうか。判らない。教えて欲しいくらい。まぁ、いずれにせよ、衝動買いが少なくなってきたおいらには少々無縁な世界だ…。

と思いきや、そうでもない。やっぱ、廃盤CDはねぇ、中古屋頼りなのだ。ある程度ピックアップしていって、それだけチェックしたらおしまい、ってショップめぐりのしかたになるけど。

と言うわけで、先日、色々探しに神保町のササキレコードへ。ここは何度か、掘り出し物を見つけているので、時々チェックするようにしている。が、店員さんのいる配置が、微妙に落ち着かないのである。商品を探していて、ちょいと目をずらすと店員さんと目が合っちゃったり、妙に至近距離で店員さんの視線を感じちゃったり。本人たちは、万引き防止のつもりかもしれないけれども、客からしたら、ずいぶん居心地の悪いお店だ。じっくり、商品を物色したいクラヲタ心理を完全無視している…。

って、話がずれた。この日も、いくつか、廃盤CDをピックアップして、サクサクッと撤退する気でいた。ふと目をそらすとSONY CLASSICALの背表紙でグラデーションになっているCDを発見。これ、カサドシュ・エディションによくあるパターンだ。実は、今回、探していたCDもカサドシュ・エディションが含まれている。このシリーズ、フランチェスカッティとの共演が多く、聴いてみたいものが多かったのだ。2000年前後にパッと出てパッと消えてしまったシリーズらしく、各国のamazonでも高値をつけている貴重なもの。

あったのは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番『皇帝』とファリャの『スペインの夏の夜』。ともにバックはミトロプーロス指揮ニューヨーク・フィル。900円。買いだ。希少価値もそうだけど、カサドシュの『皇帝』は相当惹かれるものがある。

早速、帰宅後、聴いてみる。なるほど、これは良い演奏だ。ベートーヴェンだからと言って、変に構えすぎたところがない。優しくサラリと流して、後味すっきり、爽快な味わいを楽しませてくれる。ピアノの音が、軽くサラサラと輝いているようで、ほんとに綺麗。音質も、モノラルだけれども非常に良好。モノラル嫌いのおいらでも全然楽しめるレベル。ちなみに、後で調べたところ、このCD、『皇帝』だけ別の廉価盤レーベルから出ていて、現役盤なのだけれども、こちらの音質はどうなんだろう?同レベルならお奨めできる。

うーん、良い出会いだった。たまには巡ろう、中古屋さん。あ、ちなみに、このCD、amazon.deで5,000円オーバーだった。もっけた!

casadesus-beethoven.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.