忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


欲しいCDが自分のCDラックから見つかった…と言うのは、最悪の事態ではない。より最悪な事態は自分のCDラックを見ていて、「へぇ、こんなCD出てたんだぁ~」と感心してしまったときである(凹)。おいらのCD管理能力の限界なんだな…2,000枚。クラヲタ的には大したレベルじゃないと思うんだけど。今後はより慎重なCD購入計画が求められる。いやぁ、それでも、以前よりはだいぶ的を絞って購入するようにはしていたんだけど…。

今回見つかったのは、モーリス・アンドレのバロック協奏曲集。トランペットの協奏曲を聴きたいと思ったので、「アンドレ&マッケラスの程よいCDがあったな」と思って、EMIの棚を探していたら、アンドレ&カラヤン盤が。え、カラヤン?フンメル、モーツァルト父、テレマン、ヴィヴァルディ…こんなの録音しているんだ?!って自分の持ち物から新たな発見をしてしまったのだ。あー、でも、これ、あれだな、たとえば、今日、石丸電気に行ったとして、特価で980円で売っていたとしても、買わないな。そういうCDが見つかってしまうこと…感心している場合ではないのだ。

さて、折角見つけてしまったので、聴いてみる。カラヤン&ベルリン・フィルのたっぷりと重厚なサウンドがフンメルを鳴らしだす。オリジナル楽器全盛の今日では、ないんだろな、こういうの。邪道。いや、昔は王道。時々、バロック~古典派の作曲家の協奏曲集であることを忘れさせる。特にヴィヴァルディは、ほかの作曲家よりもおいらにとって馴染みがあるから、さらに違和感増量。なんか、新しい…いや、古いんだけど。ピノックなんか聴いている耳には、別世界。楽しい(笑)。アンドレの独奏も小気味がいいほど輝いちゃってて素敵。ヴィヴァ!輝ける1970年代。おいらの知らない古きよき時代へのメランコリック。

karajan-andre.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.