忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ めん。

来年はメンデルスゾーン生誕200周年。この作曲家には結婚式でお世話になった方も多いと思うが、個人的にも大好きな作曲家なので超記念年。街中で結婚行進曲が鳴り響くことを祈る。

さて、メンデルスゾーンと言えば、モーツァルトと並ぶ夭折の天才作曲家である。イメージ的には、爽やかな美青年作曲家。しかも、銀行家の御曹司、大金持ち。少年時代より現在でも名曲と言われる作品を次々と発表し、神童の名前を欲しい侭にした。千秋真一を遥かに凌ぐ恵まれた音楽家である。空想の世界でもやりすぎなほどのものを生まれながらにして持ち合わせていたのだ。音楽史上まれに見るパターンである。

また、指揮者と言う音楽家の存在を確立し、20歳のときには『マタイ受難曲』を再演して、当時世間から忘れられかけていたJ.S.バッハの再興を成功させるなど、作曲以外でも大きな足跡を残した。まさに、偉人。最愛の姉、ファニーの死にショックを受け、僅か38年の生涯を閉じることとなったが、その短い人生で成し遂げた業績の数々からして、19世紀最高の音楽家と評しても、差し支えない。この機会に、メンデルスゾーンの再評価が高まることを期待したい。

mendelssohn.jpg














拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
だいく。 | HOME |  おきなは。
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.