忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


再び、野暮用で北海道へ。今回は、自然と戯れない地、札幌。大都会。「試される大地」っぽさ、0%。車わんさか、地下鉄完備。これまで、北海道と言うと、やたらと湖を観て周らされたけれども、今回は、それもない。まぁ、それは良いか。

とにかく、大自然と戯れられない以上「食」に集中したい―てなわけで、すすきのの街をプラプラ。やっぱ海鮮でしょ!と言うわけで、あらかじめ、インターネットで評判を調べてあった函館 開陽亭 すすきの店へ。ネットの評判と言うものは、甚だあてにならないのは判っている。けれども、未知の場所では、貴重な情報源だ。もう信じるしか。

場所は、ロビンソンの裏手の雑居ビル地下1階。大衆居酒屋っぽさ、満開。パッと見だったら入らないかな?他にも、美味しそうな店はたくさんあった。

混んだらいやだと思って、17時に入店。平日のこの時間では、さすがにガラガラ。カウンターに通される。目の前で板前さんが、魚をぶった切っている。さっそく、この店の看板メニューである真烏賊の活け造り(半身)を注文。水槽で泳いでいた烏賊が目の前でぶった切られる。呼子の烏賊とは少し異なる豪快極まりない一品。

身のコリコリとした食感と甘みも素敵だが、はらわたのまったりとした濃厚な味わいがたまらない…。

sapporo-ika.jpg












あわせて、鮭児のあら汁も注文。鮭児なんてものは、まともにはなかなか食べることは出来ないので、あら汁でもありがたい。贋物も多いらしいけど、本物かどうか、判断するほどの知識はない。だけど、これは大変美味しかった。ヒレまで、脂が乗っている。脂と言っても全然くどくないのも嬉しい。身は、鮭のうまみをぎゅっと凝縮した感じ。あー、鮭ってこんな美味しい魚なんだな、と思わされる。ジャガイモが入っていたのは、なんだかなぁ、だったけど、北海道だからいいのか。

sapporo-keiji.jpg












続いて、にしんと八角の刺身、厚岸の生牡蠣をいただく。これぞ北海道、でしょう!冬の魚もそろそろ出始めていて、たっぷり堪能できる時期になってきたのかな。他にも食べたいものはたくさんあったけど、そうは食べられない。

sapporo-nishin.jpg












sapporo-hakkaku.jpg












sapporo-kaki.jpg












最後は、鮭いくら丼で…って、まさか、鮭が焼いてあるものとは思わず…。そして、いくらの量も半端なく多い。少し想像していたものとは違うものが出てきてしまった。美味しかったけど。空港とか、観光市場的なところに比べるとだいぶ割安。

sapporo-ikura.jpg












翌日、札幌中央卸売市場で、定番の海鮮丼をいただく。うに、いくら、鮭。北海道の王道ですね。小さい丼だったけど、開陽亭のいくら丼の倍額。う~ん…見栄えは全然いいけど(笑)。

sapporo-don.jpg












って、こんな感じで、満足いくまで食べられた…って、いや、食べすぎか(笑)。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
くりすます。 | HOME |  みえ。
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.