忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


来年はヘンデル没後250年。おいらにとっては馴染みの薄い作曲家だ。『メサイヤ』とか、『王宮の花火の音楽』とか、オルガン協奏曲集とかとかしかもっていない。しかも、全部、ピノック&イングリッシュ・コンサート。それほど深く追求する気もなく「ピノックならいいや」的に有名どころだけ抑えてみました、てな感じ。来年は、熱狂の日がバッハだし、併せて、バロック・イヤーにしてみようかとか、考えないわけじゃないけど、結局、心地よくヴィヴァルディに落ち着いている危険性大。

とにかく、今日は、真冬の花火と洒落込んで(?)、『王宮の花火の音楽』を聴いている。英語表記だとMusic for the Royal Fireworks。なんだか、カッコいい曲名じゃないっすか?日本語だと格式ばった感じがするけど。

演奏は前述の通りピノックのもの。1996年の録音。発売してすぐに買った記憶。当時は結構話題になっていたかな?1949年のオリジナル版を使用。楽器編成は、オーボエ×24、バスーン×12、ホルン×9、トランペット×9、ティンパニー×9、小太鼓×3。弦楽器を使用しないのだ。オリジナル楽器での演奏とは言え賑やかで楽しい。併録されている協奏曲などもピノックの爽快な演奏が楽しめる。ヘンデル入門に最適な1枚。そして、入門からほとんど先に進まない、おいらのヘンデル遍歴…(汗)。

handel.jpg





拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.