忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[459] [458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今更、まったくもって今更、ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念ボックスを買った。タワーレコードで5,000円台。50枚組なので1枚100円とちょっと。もう、バッカみたいに安い。ちなみに50周年だったのは2008年、すでに2年経過。これ、出た時は限定盤ってことで、即刻売り切れていたんだが、再プレスがあったりして、まだタワーレコードには在庫があったのだ(オンライン)。幸いなり。さすがにHMVは販売終了。限定盤なので、タワーレコードだって、在庫がなくなれば販売終了。たぶん、「○日後に入荷予定」とはならない。そろそろギリギリのタイミングかなぁ。ヤフオクには出ているけど、やや高め。

で、なんでこれ買ったかと言うと、安いってのももちろんあるんだが、内容が凄すぎるのだ。まず、ただの寄せ集めじゃないこと。当然、演奏者はバラバラなんだが、オリジナル盤のままの内容なのだ。1枚のCDにいろんな音源の寄せ集めがない。そう言う意味では、同じ時期にソニーが出していたバロック集(60枚組)にはまったく興味が湧かなかった。

次に、DHMのコンセプトに則って一貫して作られている(と思われる)こと。更に、演奏家がDHMの誇る一流の陣容であること。ほぼバロック音楽に限定した作品ばかりであること…など、これまでに出た大量BOXものとは一線を画した内容なのだ。無駄なボックス買いはあまり好きじゃないが、これは買っておいて損はないと思ったわけ。ま、古楽オンチだけあって、DHMの音源1枚も持っていなかったと言うのも幸いしたんだけど(汗)。入門にもいいかなぁ、って。

で…現実的な問題として、50枚どうやって聴き切るか。ハイドンの交響曲全集を買った時もそうだったけど、ライブラリ的に聴きたいときに聴きたいやつを聴いていけばいいんである。と、相変わらず、いい加減。あんま、縛っちゃうと苦しくいなるし。趣味なので楽しく行きたい。

ところで、本BOXはバロック音楽ばっかなんだが、バロック音楽をルネサンス音楽の後に聴くと、バロック音楽がバロック音楽と呼ばれている所以がよくわかる。バロック、要するに歪んだ真珠って意味は、ルネサンス音楽から観た評価なのだ。きっと「あー、言い得て妙だ」と思わされる。

じゃぁ、今は何を聴いているかと言うとメンデルスゾーンの『聖パウロ』(汗)。実は明日、ラ・フォル・ジュルネでコルボの演奏で聴けるのだ。コルボ盤もだいぶ前に買って、愛聴盤っぽい存在なんだが、今は敢えてマズア盤で楽しんでいる。歌謡性の高い曲だから、宗教曲初心者でも入り込み易いと思う。チケット売れ残っていたらぜひ聴きに行くべきコンサートである。ラ・フォル・ジュルネは小ホールが大人気みたいだけど、こういう曲はもっと聴いて貰いたい。

dhm.jpg






 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > そうそう、ライブラリ的に
こんにちは。
これは良いボックスセットですね。
もっとも、かく言う私も買ってますが、
いまだに半分も聴いたかどうか・・・。
そういえば、ハイドンの交響曲全集(ドラティ)も
安さにつられて買ったけど、いまだに半分も(以下同文)。

ラ・フォルいいですね。「聖パウロ」とはシブイです。
木曽のあばら屋 URL 2010/05/03(Mon)12:24:47 #EDIT
TITLE > 無題
こんにちわ~!

このボックスは買ってしまいますよね(笑)
未知の作曲家がもっさり!
全部聴こうとか全く思っていなくて、
気付いたら全部聴いていた…って言うのが、
理想的です。
自分も、ハイドンは…まだまだ聴いていないCDだらけです(アダム・フィッシャー盤ですが)。ま、いっか、と思っています(汗)。

聖パウロ、渋い存在ですよね…。
それをやってしまうところに、
LFJの魅力を感じてしまいます。
ただの名曲コンサートに陥らないので、
マニアにも支持されるのでしょう。
schunsou 2010/05/04(Tue)12:02:30 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.