忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ silencio

フォト蔵に登録して左側に色々写してみた。今、ブログパーツって色々あるんだけど、好奇心に煽られて内容とは関係ない無駄なものは貼らないようにしたい。せっかく、宣伝が殆どないninja blog使っているので、デザインが崩れないよう心がけたいのだ。経県地マップは、まぁ、しょうがないけど。

さてはて、話題大転換。ルチア・ポップ好きとしては、ちょいと嬉しいニュースが入ってきた→
バーンスタインの『薔薇の騎士』復活。なんで廃盤にしちゃったんだか判らないくらい、凄い布陣の『薔薇の騎士』だ。主な役を列挙すると…

ゾフィー:ルチア・ポップ
元帥婦人:クリスタ・ルートヴィヒ
オクタヴィアン:ギネス・ジョーンズ
オックス男爵:ワルター・ベリー
テノール歌手:プラシド・ドミンゴ

ちょい役にドミンゴだからなぁ。あ、オーケストラは、ウィーン・フィル。魅惑的じゃないわけないよなぁ。ちなみに、ポップのゾフィーは、全曲盤として、ソフト化されたのは、これ以外にカルロス・クライバーの2種類がある。1つは、1973年のもので、先日、オルフェオからSACDで出て、話題を掻っ攫った。もうひとつは、1973年のもので、こちらはDVDで出ている、定盤中の定盤。今回出るのは1971年のものだから、最も若いころの録音と言うことになる。31歳か、32歳。

さて、今日はもういっちょ話題大転換。今聴いている、SilencioってCD、すんごくいい。クレーメルとクレーメラータ・バルティカの演奏による現代作曲家の作品集。タイトルから察せられるように、静謐な音楽ばかりだ。音楽が静謐でどうするんだ?と言われれば、返す言葉もないが、「じゃぁ、これ聴いてみ?」と言って、これを渡されれば、なるほど、静謐だと言わざるを得ないだろう。適度に盛り上がるところもあるんだけど、妙に冷たい響きが、吹き抜けていく。クレーメルの演奏も透明感があって、静謐さに大きく一役を買っている。とっても綺麗で心洗われる1枚。

あと…暴論と思われるかもしれないけど、ジャケットも良い。無限に変わりそうにない荒涼とした風景が、このCDの印象を強める。何気においらは、これをジャケ買いしている(笑)。ジャケ買いは意外とあたりが多いのだ。収録曲は…

ぺルト:タブラ・ルサ、DARF ICH...
グラス:カンパニー
マルティノフ:カム・イン!

ゲンダイ音楽だけど、美しくって聴きやすいのでオススメだ。


silencio.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.