忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


マーラーの交響曲第6番…壮絶でドロドロなこの曲。なぜか、最近、新譜が多いような気がする。プレートルとか、ハイティンク(CSO)とか、ゲルギエフとか、エッシェンバッハとか、ジンマンとか…。全部買っているわけではないけど、凄くいい演奏が多い。このバブリーな状況、いつまで続くんだろう?今後も再発ではあるけれども、カラヤン、ラトル、ハイティンク(BPO)と続く。あー、ハイティンクは、もう買わないとなぁ…。全集になったらまとめて買うつもりだったけど、その夢が断たれた今となっては、買うしか…。

さてさて、そんな中、特に注目すべき1枚は、テンシュテット&LPOのライヴ盤ではないだろうか。EMIへ録音したスタジオ録音盤も名盤の誉れが高いけれども、今回出たライヴ盤も凄い。なんといっても、熱い!!とにかく熱い!!1楽章の冒頭部分の音質にやや難があるものの、そんなことは些細なこと。それ以上に音に怖いまでの不気味な迫力があるし、テンションも半端なく高い。壮絶な演奏。良いのか、このグロテクスさ、ちょいと危険領域。最近の新譜だとジンマンの透徹された演奏とは正反対の名演。

難を言えば、拍手がちょっと早いこと。熱狂しちゃったのはわかるけどさ。つか、拍手そのもの要らないよなぁ~。消せなかったのかな?


tennstedt-lpo.jpg






 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.