忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


フツーの人から見ると、ミニマルっておかしいのかな?意味わからない音の羅列聴いて、「ヒャヒャヒャヒャヒャ~!!」って感じか?んなことないか。でも、ホント、ナイマンなんか、とてつもなく判りやすい。ループ地獄がそんなに苦にならないくらい、メロディが綺麗にはまっている。で、いつしか、グラス、ライヒと感染していくんだな。

そんなわけで、昨日、HMVで買ってしまったライヒが数点届いた。とりあえず、聴いているのが、Different Trains(様々な電車)と言う作品。戦前のアメリカ、戦中のヨーロッパ、戦後のアメリカの電車が描かれている。戦中のヨーロッパは、ホロコーストを表しているらしい。収容所に向かう電車と言うことだろうか。繰り返されるメロディが緊迫感を醸し出している…。そして、所々出てくる古い肉声。この肉声の音程に合わせて音楽が奏でられていく。これにいやなサイレンの音が加わる。少し暗澹たる気分になる。ずるずるとループされるメロディに飲み込まれながら…。シェーンベルクの『ワルシャワの生き残り』を思い出してしまった。

演奏はロバートソン&リヨン国立管弦楽団。本来は、弦楽四重奏で演奏されるもので、クロノス四重奏団のものが名盤として知られているが、敢えてオーケストラ版を買ってみた。指揮者、大変だろうなぁ…。


reich-trains.jpg






 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.