忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[447] [446] [445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ ナイマン

あー、この曲ってナイマンの中で一番有名なのかなぁ→『楽しみを希う心』(YouTubeにリンク)。映画『ピアノレッスン』のための音楽だ。憂鬱で悲しげなメロディーが美しい曲。うん、これはクラシックアレルギーだろうがなんだろうが、惚れる人は多いだろうなぁ。

ナイマンって、自分の知っているミニマルの作曲家の中では、最もメロディを大切にする人だ。だもんだから、ライヒとかグラスとか、コアなミニマルを知ってしまうと、「なんだよ、おいおい、邪道じゃないか」と玄人振りたくなってしまう。だけど、ミニマルにメロディメーカーがあわさると実に、親しみやすい、美しい曲が出来上がる。ミニマルだからにして、なんか、こう思いっきれないと言うか、歯がゆいところはあるんだけど、それが心地よい退屈感(どっかの本で見た表現…なのだ)をかもし出す。幸せな出会いだ。集中して聴く気にはなれないんだけれども、ね。

『ピアノレッスン』の音楽はまとめてピアノ協奏曲に編曲されているが、『楽しみを希う心』はその中にも使われている。まぁ、ピアノは協奏曲で聴いた方が…いいかな?メロディを純粋に楽しみたければ、前述のリンク先でいいんじゃないかと思う。

mgv.jpg
 





 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > ZOOが好き・・・というか
こんにちは。
私はナイマンの音楽をはじめて知ったのは
「ZOO]という映画でした。
タガが外れた狂った音楽、映画の内容にジャストフィットでした。
何度も聴いていると身体がかゆくなってきます。

「ピアノレッスン」もサントラ持ってますが
映画を見たことはありません。
木曽のあばら屋 URL 2010/04/12(Mon)23:57:10 #EDIT
TITLE > 無題
こんにちは!
コメントありがとうございます。

自分は…ナイマンが曲をつけた映画を一つも観たことがありません(汗)。オペラもたまに聴いているんですが、観たことないです…。

体が痒くなっていくナイマンの音楽…ものすごく想像できます(笑)。ミニマルってムズムズしてくるっていうか、そういう感じありますから…。
schunsou 2010/04/13(Tue)09:27:54 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.