忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[998] [997] [996] [995] [994] [993] [992] [991] [990] [989] [988]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


The Celtic Violと言うCDを買った。Celtic…おお!セルティック!サッカーチームだね?って、そうなんである。いや、サッカー関係ないんだが、意味は一緒。セルティックってケルト族って意味なんである。って、ことに数か月前に気付いて喜んでいた。気付くの遅いよね…。

つうわけで、The Celtic Viol、「ケルトのヴィオール音楽集」とでも訳しておこうか。ヴィオールの名手、ジョルディ・サヴァールとバロック・ハープの名手でサヴァールの盟友、アンドリュー・ローレンス・キングが組んだ1枚。サヴァールのサヴァールによるサヴァールのためのレーベル、ALIA VOXからのリリース。素敵な企画と高音質、あとやたらと凝ったジャケットが魅力的なレーベルだ。逆にそのせいで、値段がやたら高いのが難点。こだわりの逸品と言うやつだが、SACDプレイヤーを持っていないおいらにはオーバースペック。
 
さて、ケルト、と言うとちょっと前に、ポップなジャンルでも世界的にブームになっていたと思う。多少は、日本にも伝播していたのかな?このCDもその流れを汲んでい…ない。もちろん、近しい響きはあるんだが、もっと、原始的な響きを持つ。なんつっても、ヴィオールだ。そっと添えられるハープの伴奏も素朴な味わいを増してくれる。そんな中に、物悲しい調べやノスタルジックな響きが加わると、なんと美しいことか。ロマン派の雄弁なオーケストラ曲に慣れた耳には逆に新鮮に響く。シンプルなのに、素敵な音楽。オーケストラが豪奢な都会の音楽だとすれば、この音楽は素朴な田舎の音楽。この味わいは、ロマン派には失われたものだろうなぁ。雨の日の午後に読書をしながら聴きたい音楽だ。

それにしても、ALIA VOXはホントに面白い企画を次から次へと繰り出してくる。古楽好きには堪らないだろう。こういうことは大手のレーベルではできないんだろうなぁ。しかも、演奏が良い。サヴァールの演奏は古楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。素晴らしいレーベルだ。

そうそう、このCeltic Viol、人気があったのか、第2弾も発売された。ジャケットのサヴァールの写真のポーズがほぼ一緒と言うのは、何なのか。なんであれ、近いうちにゲットしたい。

celtic.jpg



 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.