忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


唐突だけど、以前、パーセルとルーセルがごっちゃになっていた。「○ーセル」は一人しかいないと思っていたのだ。片やイギリスのバロック作曲家、片やフランスの近現代作曲家…真反対なのだけど…。 

さて、そのパーセルの曲に『来たれ、我らが芸術の子』と言う曲がある。シンプルで調子のいい曲調の中に中世ヨーロッパの香りが、たっぷりと漂っていておいらお気に入りの曲なのだ。とは言え、そんなメジャーな曲じゃないし、生演奏に接することはまずないだろう、とたかをくくっていた…。そしたら、そしたら!LA FOLLE JOURNEE au JAPONの無料コンサートでウィーン少年合唱団が歌っていたらしい…凹。思い切り聞き逃した。シューベルトとどう関係あるんだよ…。

で、おいらは、いつも思うんだけど、この音楽祭大規模過ぎて、楽しいイベントを見逃すことが多い。全ての情報に眼を通せないのだ。今回のウィーン少年合唱団もそうだし、去年のコルボ師匠のサイン会もそうだ。これでも情報を集めているほうだと思うんだけどなぁ~。やむ得ないこととは言え、何とかならないだろか。

そうそう、LFJと言えば。今日、野暮用で国際フォーラムを通ってきた。普段の落ち着きを取り戻していて、何だか、あの何日間かが、夢幻のように感じられた。祭りの後の寂しさ…ってやつだ。何だかイヤになってしまう。 

ここで、ちょっと前まで、ミサ曲第6番とか、モーツァルトのレクイエムとか…大騒ぎしていたんだよなぁ。信じられないような感じもする…って、去年もこんなこと書いていたような気が。おいらの行動は毎年リピートか?!

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
ウィーン少年合唱団…パ、パーセルやったんですか…もっと宣伝してくれればよかったのに…凹。

昨年のLFJではなぜかイギリス音楽だけやってくれなかったんで、
来年のLFJはバロックでもパーセルやらないかも…と疑心暗鬼に陥っています(笑)
sumito96 URL 2008/05/11(Sun)13:33:49 #EDIT
TITLE > 無題
そうなんですよ。LFJは情報量多すぎて貴重な情報を逃すことが多いのが難点。止むを得ないんだけど、いつも終わってから後悔することが多いんですよね~。mixiのコミュとかでもけっこう情報は流れているけど、網羅はされていないし…。

来年、パーセルやってほしいですね!!パーセルならやってくれても不思議じゃないでしょう!!って思うんだけど、甘いかな?(汗)イギリス音楽嫌われているのかな?認識されていないのかな?(笑)
schunsou 2008/05/11(Sun)19:13:47 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.