忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


秋葉原…もっともよく行く街。今日も行った。主な目的はCD購入→石丸電気。あとはCD-R買ったり、電化製品を見たり、食事したり、人間観察したり。で、ふと思ったんだけど、秋葉原って若者の街なんだよなぁ。そう言う意味じゃ、渋谷や原宿と同じだ(笑)。いやいや、人種が違うって言うかもしれないけど、お洒落していっても、20代男性なら大抵併呑されてしまう。浮かない。案外、多様なタイプがいるのだ。あからさまに秋葉系の人って3割もいないんじゃないだろうか。(人間観察の結論)

さて、今日は…やっぱり石丸に。無伴奏チェロ組曲などを買おうと思って。持ってないんだよねぇ~、無伴奏チェロ組曲。定番どころでフルニエ狙い。つっても、フルニエ、全曲盤だけでも4種類ある。スタジオ録音で1960年代に録音されたアルヒーフ盤と1970年代に録音されたフィリップス盤、ライヴ録音で1959年にライヴ録音されたアコード盤と日本で1972年に録音されたTDK盤。フィリップス盤は国内盤しか出ていなくて高いし、アコード盤はモノラル録音。TDK盤は良さそうだけど…まぁ、手始めで無難なラインでアルヒーフ盤を購入。でも、買ってから思ったけど、一番廃盤になり難いCDだよなぁ。TDK盤なんか、もう投売り状態だから、早めに買った方がいいかも。

演奏はさすが。この人の演奏は温かみとか、柔らかさとかがとかく強調されがちで、評判だけ聞いているとなんだか、弱そうな印象になってしまうけど、実はけっこう力強い。名盤の誉れ高いドヴォルザークのチェロ協奏曲でも、セル&ベルリン・フィルを向こうに回して決して力負けしていない。それでこそ、カラヤン時代のベルリン・フィルだからそのアンサンブルの強靭さは大したものだけど、その中で、剛柔併せ持った至福の音色を朗々と奏でる。この無伴奏チェロ組曲でも同じで、温かみがありながら、芯の強いしっかりした演奏を聴かせてくれる。2時間を越える大曲を飽かず聴かせてくれた。やっぱり名盤。

それと…アンチェルの『わが祖国』(DVD)。1968年、プラハの春音楽祭のオープニングコンサート。あの
プラハの春事件の起こる直前の演奏。定盤で知られているスタジオ録音のスプラフォン盤とは、また、一味違う、時代を反映した緊迫感あふれる演奏。CDにもなっている演奏なんだけど、映像で見るのはまた違った意味で興味深い。クーベリックのチェコ復帰コンサートと共に、チェコの歴史的コンサートとしてもっと知られてもいいんじゃないかな。この演奏の後、アンチェルが単身アメリカ演奏旅行中にプラハの春事件が起こって、そのまま亡命。アンチェルは二度と祖国の土を踏むことはなかった。家族をアウシュビッツで失った悲劇の指揮者の最後の輝きを聴けるDVD。亡命後のトロント交響楽団とのモルダウはアンチェルの心情を思えば、あまりにも痛々しい。

まだまだ、買ってます!スラットキンのルロイ・アンダーソン作品集。NAXOSから。RCAに録音しまくっていたセントルイス交響楽団時代―は、過去の栄華。シャンドスでちょこっと録音したなぁと思ったら、あらまぁ、NAXOSデビュー。転落…とは、言い過ぎか。このたび買ったCDは、ルロイ・アンダーソン、管弦楽作品集第1集とのことなので、第2集以降あるのだろうか。NAXOSとしては、ルロイ・アンダーソンの作品集をリリースするに当たって、最高の演奏家を得たわけだ。スラットキンとしても、ルロイ・アンダーソンを大量に録音できるなら、変にメジャーレーベルよりいいのかも。演奏も軽妙で楽しい。ドライブなんかの供にいいんじゃないだろか。ちなみに、廉価盤レーベルのイメージの強いNAXOSだけど、遂に1枚1,000円を超えた。値崩れ激しいメジャーレーベルに比べるともう廉価盤レーベルとは言えなくなりつつある。

えっと、あとはクリヴィヌのモーツァルト、大ミサ曲、ケルテスのモーツァルト、戴冠式ミサ他、テンシュテット&ポップのドイツ・レクイエムを購入。また気が向いたときに感想など書きましょう。

ところで。ついでに『ぶらあぼ』貰ってきた。で、そこにプロムスのプログラムが。すごいっす。ケネディ&ハンドリーのエルガーのヴァイオリン協奏曲…って、これ、ケネディの名前を世界的に有名にした組み合わせじゃなかったっけ?あと、スラットキンのヴォーン・ウィリアムズ、交響曲第6番とか、ゲルギエフの『眠りの森の美女』(全曲)とか、ハイティンク&シカゴ交響楽団のマーラー、交響曲第6番とか、サラステのシベリウスとか、バレンボイムとか、ブーレーズとか、C.デイヴィスとか、A.デイヴィスとか、ビエロフラーヴェクとか、ガーディナーとか…毎日こんなんかよ!羨ましすぎる!LA FOLLE JOURNEE au JAPON…くらいしかないんよ、日本は。LFJはLFJで楽しいんだけどね。なんか、力負け。まぁ、プロムスみたいなの連れてきたらLFJ、低価格でできないだろうけど。

fournier2.jpg











拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 色々
こんにちは。
プロムスのプログラムすごいですよね
私の一番の注目は、サー・アンドルーの
オールRVWプロですね
サラステさんが久々プロムスに出演の回とか
メシアンの"世の終わりのための~”の
プログラムとか・・
他には色々ですね
(ちなみにラストナイトは個人的には
がっかり)
最強のプログラムですよね
日本で言うと・・LFJしかないですよね
おっしゃるように・・
某音楽祭はねえ・・
(同じ放送局がスポンサーのアレですけど)

それから

それから・・
私も無伴奏チェロ組曲持ってません
ジャッキーが全曲を録音してなかったからなんですけどね
名曲だし、1枚は持ちたいな
そう思ってるんですけどね
ピリオド演奏ではないものが欲しいんですよ
何がいいですかね・・
長くなってごめんなさい
dokichi URL 2008/05/26(Mon)07:02:46 #EDIT
TITLE > おおお!!
いいよね!
伯父の演奏すてきなんだよぉぉぅ。
シュターカーもステキだけど、無伴奏チェロ組曲はやっぱりピエール伯父様のが一番です。
60年代のアルヒーフ版ってレコードみたいなCDだよね?だったら持ってるの一緒一緒。
しゅーへー 2008/05/26(Mon)07:39:08 #EDIT
TITLE > 無題
>dokichiさん

いえいえ、むしろ、長文の記事を読んでいただきありがとうございます。

やっぱりプロムスは凄いですよね~♪
LFJは企画力が◎で楽しいのですが、
NHK音楽祭は…頭がちがちのお偉いさんが、
中途半端なことやっているって印象です。

A.デイヴィスのRVWプログラムいいですね!
日本じゃなかなか聴けません!
ライヴ音源出ると良いですね!
ラストナイトはノリントンですね。
ターフェルもでます。
久し振りのイギリス一色の感じがしますが、
ノリントン=古楽ですから確かに微妙ですね。
ノリントンは、以前、LPOとラストナイトのプログラムをスタジオ録音していたくらいなので、本人は気合入っているんじゃないでしょうか?やっとおれの出番だ!って。(笑)RVWやホルストの録音もありますし、ユーモアもある人みたいなので、ガッカリしつつ微妙に期待しましょう。(笑)

無伴奏、デュプレは、1番と2番だけですかぁ~。
残念ですね。有名どころで、この曲の全曲録音がないのって、デュ・プレとピアティゴルスキくらいでしょうか。
有名な録音といえば、カザルスなんでしょうけど、録音古すぎですよね。新しいところだと、マイスキーとか、マとか、イッサーリスとか、人気どころはみんな録音していますね。結局は、好みのものを…というところかもですけれども、自分は、他の曲でもお気に入りのフルニエを選びました。変な癖やアクもありませんし、ファースト・チョイスにはもってこいですよ。

>しゅーへー君

ホント良いよねぇ。
フルニエを伯父様と呼べる立場が羨ましすぎです。この歳でフルニエの生演奏聴いたことある人ってほとんどいないから、人生の宝ですよ、その経験!

所有のもの同じ音源ですね。アルヒーフ盤、オリジナルス・シリーズのものはレーベル面がLPのデザインになっていると思います。おいらが買ったものは別のシリーズなので、デザインとリマスタリングは違うんですが、音源は一緒です。他にドイツグラモフォンからも同一音源のものがCD化されています。名録音ですから、色んなリマスタリング&デザインで発売されるんですよね~。

今度、TDKの東京ライブ盤も買ってみようと思っています!
schunsou 2008/05/26(Mon)10:30:54 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.