忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022] [1021] [1020] [1019]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日はコンサートも移動もない1日。観光に1日を割いてみた。

まずはプラハ城。長い坂道を登っていく。つっても、ホテルがその途中にあるので、労力50%OFF。まぁ、その分、毎度この坂道を上っているわけなんだけれども。

お城の一番の見ものは教会かな?ステンドガラスが美しい。修学旅行生らしき、高校生の一団がガヤガヤ騒いでいる。興味のない学生をお寺に強制連行するのはどこの国も同じなんだな。でも、不思議と写真はパカパカ撮っている。

帰り掛けに衛兵の交代の儀式を見る。たかだか交代するのにどんだけめんどくさいことしているんだよ、と思うがこれは観光的にはちょっとした見ものになるのでいいのか。

お城の後は、長い坂道を下って、カレル橋経由でスメタナ博物館へ。スメタナの使っていたピアノのほかはそれほど大したものはないかも。クラヲタ以外はそれほど行く価値ないかも。館内にはスメタナの色んな曲が流れていてクラヲタには素敵な空間。ヴルタヴァ川を眺めながらあの名曲を聴くのも粋。

昼食は市民会館地下にあるレストラン。鴨の焼いたものを注文したんだけど、これは地雷。240kc(1,200円ちょっとくらい)なんだけど半羽分焼いて持ってきた。もちろん、色々添えてあって…こんな食えるか!まぁ、この国の人たち…つうか、日本人以外は食べちゃうんだろうな。できる限り食べて、会計を呼ぶと、「終わったのか?」と訝しげに訊かれる。ごめんなさい、無理…チップはずむから許してくだされ…。

その後、大きなCDショップへ。ここではスプラフォンが最強レーベルとなる。至福。クラシック・コーナー入って、真正面の棚がスプラフォンの新譜コーナー。シュポルツルの新譜が大量に置いてある。一番の売れ筋なのか…素晴らしい。買ってしまおう。スプラフォンなら日本でも買えるだろうけど。

ビエロフラーヴェクがオピッツをソリストに迎えて、プラハ・フィルを振ったドヴォルザークのピアノ協奏曲を発見。これは日本で入手不可能の珍品。レーベルも見たことがない。

そのほか、日本では手に入らない珍品がたくさんあるんだろうけど、知識不足…無念。マルティヌーのCDが大量に陳列されていたりして、夢のような状態なんだが。値段は日本とあまり変わらないかな?

その後、一時、休憩にホテルに帰る。17時過ぎに夜景を撮りがてら、夕食へ。昼に地雷を踏んだ恐怖心から無難にガーリッシュを頂く。しかし、これも量多いなぁ…。

prague3.jpg














拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.