忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1363] [1362] [1361] [1360] [1359] [1358] [1357] [1356] [1355] [1354] [1353]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 四日市へ

野暮用で三重県の四日市に行ってきた。

名古屋から近鉄の特急で30分。急行でも45分程度と言うことなので、名古屋へは通勤圏内と言っていい。名古屋のベッドタウンとして発展云々…と言いたいところだけれども、四日市と言えば、工業地帯だ。中京工業地帯を代表する都市。

と言うことで、観光地ではない。これと言った美味しいものもない、はず。強いて言うならば、鈴鹿山脈が近いので、遠景にその山並みを望むことが出来る、くらいの観光かな?三重で観光をするとなるとやはり伊勢神宮や鳥羽になるんだろう。両方とも言ったことないけれども。

じゃぁ、工業都市として元気いっぱいなのかと言うと、これがそうでもない。県庁所在地の津よりはいくぶんか栄えているのだけれども、かつての繁栄はないらしい。

東京にドカッと座っていると、実感できないんだけれども、日本中どこ行ってもそんな話ばかりだ。「昔は寂れていたんだけど、今は元気いっぱい!」と言う話よりも、「昔は栄えていたんだけど、今はねぇ…」って話ばかり聞く。東京一極集中はまずいと思うんだが…。

さて、そんな四日市。自分が着いたときは、なんと、雪が横風に煽られて、市街地を舞っていた。夕方に到着したんだけれども、翌朝にはしっかり積もっていた。通行の障害になるほどじゃなかったけれども。太平洋側だし、そんなに雪が降るイメージのある街ではないんだけれども、鈴鹿山脈があるせいだろうか。その鈴鹿山脈は、確りと雪化粧していて、ちょっとしたアルプスの様な風貌を見せていたのが印象的。

登ってみたい!とは思わないけれども(汗)。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.