忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1004] [1003] [1002] [1001] [1000] [999] [998] [997] [996] [995] [994]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン…今年で5回目だっけ?6回目だっけ?来年もあるんだが、集客力は衰えていないんだろか?最初は目新しさで人を集めたと思うんだが、しっかりと、「クラシック=お洒落」から脱却した客を確保できたんだろうか。クラシックコンサートは敷居が高いとか低いとか、おいらは全く感じたことがないんだが、LFJはそれを解消できたんだろうか。たぶん、敷居の高さを感じている人ってのは、クラシック=高尚だと思っていて、故に、「お洒落」になったり、「お高くとまっていて嫌い」になるんだが、それを解消できたとしたらルネ・マルタンは偉大だ。

さて、そんなLFJの2011年は19世紀のロマン派。クラシックの王道。つうか、一般の人のクラシック音楽のイメージはほぼこの時代の作曲家によって作られている。クルクル髪の毛の時代の作曲家の曲なんて、ホントは一部の作曲家しか聴かれていない。だから、LFJでロマン派って聞いた時は、「ついに!」って感じがした。

日本でのプログラム発表はまだ先だが、ナントの方はすでに発表されている。ポスターには、マーラー、リスト、R.シュトラウス、ブラームス、シェーンベルクが描かれていて、真中に「Les Titans」(巨人たち)と書かれている。今までに比べると渋め。正直、「は?リストが何で入っているの?」と思う。あまりにも違和感。同列にしていい作曲家じゃないと思う。違う世界の人じゃないか?だったら、シューマンとか、メンデルスゾーンとか、少し毛色は違うけど、ドイツ・ロマン派を入れるべきじゃないだろか?シェーンベルクは何となく、並べたい人だ。

注目のコンサートは、コルボのドイツ・レクイエム。これは想像通り。この時代、宗教曲はちょい手薄なので、簡単に予想が付いた。その外では、ネーメ・ヤルヴィがマーラー、ワーグナー、ブルックナーを振るが、この人はLFJには来ないと思う。LFJは都響がマーラーをカバーすると予想。インバルは出ないと思うが…出たら、争奪戦必須。室内楽では、ルノー・カピュソン&アンゲリッシュが目玉か。ブラームスなどを演奏する。過去に実績はあったと思うが、LFJに参加するとしたらありがたい。ミシェル・ベロフなんて大物も出ているが、LFJまでは来ないだろう。その他、ルガンスキー、ベレゾフスキー、ケフェレックなどピアノ陣は相変わらず充実。

しかし、ロマン派なら迫力満点のオーケストラを中心に持ってきてもいいんじゃないかと思うんだが…。マルタンの好みだろうか、景気の影響だろうか。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.