忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


バーンスタイン&フランス国立管のラヴェル作品集(DVD)を買ってみた。バーンスタインは40台の壮年、フランス国立管はフランス国立放送管から改組されたばかりの1975年の収録。この頃のバーンスタインは、やっぱ凄い。

半端なく熱い。指揮台で跳ねて舞って、暴れまくる。白けることは許さない。逆に言うと、白けている人たちにはとんでもなくうざい奴である。汗飛び散らかして、「燃えようぜ!!」と熱狂しまくる。「うーわっ、うっぜぇ。だっりぃな」と言ってはいけない。一緒に狂乱するのだ!!

どの収録曲も男気溢れて、でら熱いんだが、中でもピアノ協奏曲が吹っ飛んでいる。半端なく忙しい。手を上げてオーケストラに指示を出したかと思えば、次の瞬間、ピアノを強打している。滝のような汗をかきながら、この超絶多忙な難儀を難なく…いや、男気ド根性で乗り切っている。モーツァルトとかならわかるんだけど、ラヴェルで弾き振りって、大変なんだなぁ、ってのが、見ていて良く判る。やっぱな、熱い男じゃないとこれはできない演技だろう。

画質は、まぁ、何とかカラーということで勘弁してください、ってレベル。音質は…ノイズが…。しかも電子音系の。ピアノ協奏曲の第2楽章、汗臭くもしんみりと美しく歌っているところで、この雑音は残念すぎる。なんとか、消せなかったのかなぁ。ま、Dreamlifeって高品質のDVDあんま見ないから期待はしていなかったけど。

あ、ちなみに、こちらのDVD今なら1995円の特別価格でご奉仕中。遠からぬうちに消えていきそうな感じ。シリーズになっていて、バーンスタイン壮年期のほかの映像も楽しそうなので、買ってみてもいいかも。


bernstein-ravel.jpg


 
 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.