忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[390] [389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アダム兄様の来日公演を聴いて、踏ん切りがついた。アダム兄様のハイドンの交響曲全集を買おう!と。折りよく、HMVでポイント15倍セールをやっていた。お値段も8,000円を切って、まぁ、そろそろ買ってもいいかな、ってレベルに達したと思う。これ以上待つと、下手したら廃盤になりかねないし。

で、さて、いざ手にとって見ると、33枚という重量感は凄まじい。箱を開けるとツルツルと飛び出してくるCDの波にアダム兄様の業績の重さも感じざるを得ない。偉大なり、アダム兄様。

33枚…「こんなたくさん聴けるか…」と、思う人も多いだろうが、もちろん、こんなもの頭から1枚ずつ聴くような忍耐力は、おいらにはない。そんなん、苦痛でしかない。聴きたいときに聴きたいやつを聴く。素敵なアルヒーフを手に入れたのだから。

しかし、おいらはそんなにハイドンが好きなのか?答えは好きなのである。今でこそ、ロンドン・セットとパリ・セットくらいしか聴かないけれども、実は、クラシックを聴き始めのころ、ハイドンの交響曲にはまったことがあって、その頃は若い番号の交響曲もずいぶんと聴き込んだもんである。ただ、これらのCDは殆どが図書館にあったもので、実際に、何番の交響曲を聴いたのか、あまり良く覚えていない。そのうろ覚えの記憶の糸を辿りながら、一枚一枚引っ張り出していくと、懐かしい響きにめぐり合う。「あー、これは○○番だったか…」「あれ、この番号じゃなかったな…」とか、このアルヒーフは何だか、昔の初々しい気分を呼び起こしてくれる。

そして、番号すらよく覚えていなかったのに、妙に昔聴いた録音の演奏を覚えていたりもする。あの時聴いた演奏はもっと線が細かったなとか、早かったなとか。で、そういう過去の記憶と比較しても、やっぱり、アダム兄様の演奏は素敵なのだ。流麗で温かい。一家に1セットは常置すべき。爆売れしただけのことはある。

さてさて、ハイドンイヤーも残すところ、半月。ラスト・スパートでハイドン聴きまくろう!


haydn-adam.jpg




 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.