忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン…2010年はショパン、東京は。東京は!!と強調したいのは、今回から東京、金沢のほか、新潟、滋賀でも開催されるっぽいのだ。最初は物珍しさで集まるかもしれないけれども、地方に継続的な集客力があるのか?失敗して東京ごと撤退しちゃうんじゃないか?なんて、ネガティブな妄想が頭を過ぎるわけだが、ポジティブに考えれば、地方でクラシック需要を作っていければいいじゃないか!とも思えるのだ。頑張れ!!激しく応援はしている。

とは言え、おいらが現実的にいけるのは東京だけ。東京はナントと同じテーマなので、ナントのプログラムが多少参考になる。去年は外れまくったけど。

そのナントのプログラムがこのほどホームページで公表された。これを見て、無駄にワクワクドキドキするのが正しい年末の過ごし方。ホームページは
こちら。ただし、今年は、ショパン…つうことで、全然、おいらは萌えない。たぶん、例年行っている人の中で「今年はどっか旅行にでも出かけるか」と考える人が増えるんじゃないだろか。

でも、一応見てみる。コルボがなにをやるのか、やらないのか、とか、一応気になる部分はあるので。

で、もし、日本でやるとしたら…気になるのは、コルボのモーツァルトのレクイエムとメンデルスゾーンのオラトリオ『聖パウロ』。ショパンでなんでよ?って感じだけど、まぁ、やるんなら聴きに行きたい。猛烈に。ショパンの演目は殆ど確認せず。アルゲリッチ、アシュケナージが出てくるんなら行こうか、つうくらいかな。絶対こないけど(笑)。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
コルボ先生の演奏会にはまた行きたいですね。
あとポーランド系のアーティストも今年はチェックしておきたいです。
F2 2009/12/25(Fri)12:43:21 #EDIT
TITLE > 無題
ですね~。
メンデルスゾーンは合唱曲が真骨頂というマニアも多いですから、『聖パウロ』以外でもコルボ師匠の演奏が聴ければ最高です。

ポーランド系と言えば、主役がショパンですから、まさに旬って感じですね。ピアニストにポーランド人がいるかもしれませんよ!
schunsou 2009/12/25(Fri)20:08:37 #EDIT
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.