忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


祝!2010年初入荷!!初入荷はやっぱ、伝統の石丸電気で。時期的には、いつもよりだいぶ遅れたような気がするけど…。実は、今年はCD購入控えめで行こうかな~、と言うなんとな~くな、緩い目標を持っているので遅めになったのだ。HMVのホームページを見ていると挫折しそうだけど…。近頃はマイナーレーベルに新譜が多くて、音源抱えたまま突然倒産しちゃうんじゃないか、と思うと、ついつい「さっさと買ってしまおう!!」となってしまうからな~(言訳)。

で、さて、本年の初入荷は…

・ヤナーチェク:歌劇『利口な女狐の物語』(BD)
  ツァラゴヴァ、ラシライネン、ほか
  D.R.デイヴィス指揮パリ・オペラ座管弦楽団&合唱団

・ブラームス:交響曲全集
  スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団

・J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)
  ピノック指揮ヨーロピアン・ブランデンブルク・アンサンブル

なかなか、オサレな選択だと自己満足に浸っている。今は、ブランデンブルク協奏曲を聴いている。実は、ファースト・チョイス。未だに有名曲を全然揃えきれていないあたり、我ながら緩いクラヲタだと思う。「ブランデンブルク?名前しか聞いたことねー」って言っちゃだめだよね、クラヲタ自称するなら(汗)。

いやぁ、しかし、良いよ。この曲、この演奏。全然奇抜じゃない、真っ向勝負なんだろうけど、実に爽快なイメージ。やっぱ、ピノックいいなぁ、さらりとした推進力。ちなみに、ヨーロピアン・ブランデンブルク・アンサンブルと言うのはイングリッシュ・コンサート、アムステルダム・バロック・オーケストラ、オーケストラ・オブ・エイジ・オブ・エンライトゥンメント、イル・ジャルディーノ・アルモニコのメンバーによるアンサンブルなんだそうだ。まぁ、あれだ、古楽のバイロイト祝祭管弦楽団みたいなもんか。ふ、1980年代が懐かしいぜ…(リアルにクラヲタを体感した時代じゃないけどw)。

女狐はおいらのブルーレイ、デビュー盤。WUXGAの高解像度モニタの真価発揮で実に美しく鑑賞できる。たかだか2時間で15GBあるからなぁ。ちなみに、女狐の舞台ははじめて観た。虫だの、動物だの…もう、開き直っちゃって、人間のまんまでやっちゃっていて、ある意味面白い。仮装大会か、コスプレ大会か…または、小学校の学芸会。現代音楽のイメージが強いD.R.デイヴィスの指揮も面白い。ヤナーチェクって民族的な響きも強いけど、現代的な響きもあるもんなぁ。

さて、今年は、どれだけCDを買うことになるんだろうか…。去年は勘定していなかったので、今年は勘定しておこう。100枚以下に抑えられるかな…無理か(汗)。


janacek-bd.jpg







拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.