忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


石丸が石丸でなくなりつつある。秋葉原の家電屋さんはずっと低調なのは、サトームセンなんかの規模縮小っぷりやロケットの撤退で明白なんだが、石丸も…となればとっても寂しい。あれだ、あいつだ、空気を読まないヨドバシカメラのせいだ。真ん中通って中央線で営業していればいいのだ。ヨドバシの縄張りじゃないのだ。

と、露骨におかしなエコ贔屓はさておいて。石丸、デオデオグループに吸収されたとかで、ポイント・カードが変わった。当初は有料のカードしかない、その上、その有料カードに入らないと今までのポイントは消滅する…という説明だったので、「じゃぁ、入らない。もう石丸にも来ない」と不貞腐れていたんだけど、昔っからSOFT3にいる店員さんが「無料のもございます。今までのポイントも引き継がさせていただきます」と言うので、「じゃぁ、入る♪」と機嫌を直した次第。この店舗の店員さんは超Goodなのだ。めんどくさいこと言わない。「こちらがこうこうでお得でございます」とか…。商品知識もHMVやタワーレコードに比べて断然豊富。だから、石丸には頑張ってもらいたいのだ。

さて、そんな石丸で、北欧の若手ヴァイオリニスト、ペッカ・クーシストとギタリスト、イスモ・エスケリネンのパガニーニを買う。

クーシスト、今まで、聴いたことはなかったけれども、北欧音楽のスペシャリスト、いや…寧ろ、北欧音楽以外はやりません!ってイメージだ。なので、パガニーニとは意外な選曲。シベリウスとか聴く前にクーシストをどうこう言うのは反則っぽいけど…ま、いっか。

先行しているイメージもあるだろうが、あまりぬくといパガニーニではない。濃厚でもないし、どっぷりと歌う感じでもない。例えば、有名なハ短調のソナタ(作品3-6)、もの悲しいアダージョは囁くように切々と弾く。泣けるメロディだけど泣ききらない。アレグロに変わってからも淡白な印象は変わらない。サラッと軽やかに駆け抜ける。なのに、ところどころ歌い方が変わっていて、実はほんのりほろ酔い気分な演奏に聞こえたりもする。グルミオーとか、シャハムとか聴いている耳にはずいぶん変わった演奏に聴こえる。そうか、グルミオーやシャハムの“常識”へのアンチテーゼと捉えればいいのか。ま、面白い演奏であるには違いない。

あ、そういえば、フランチェスカッティにこの作品録音ないな…。惜しすぎる。うぉぉぉ、猛烈に聴いてみたい!!探すか。探せばあるのか…わかんないけど。

paganini.jpg
 




拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.