忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「コンサート・ホール・ソサエティ」と言うのが昔あったらしい。

音楽に興味のある人が、このソサエティに入会すると、定期的に(月1回くらい)名曲が収められたLPが届けられるというものだ。ファミリー向け。ファン垂涎な香りは全くしてこない。通販とかで、ゴソッと「クラシック大全」的に売られている怪しげなセットと同じ香りがする。マニアなら入会しないだろう。

…って、思っていた。甘かった。数年前にScribendumからミュンシュとシューリヒトのボックスものがリリースされたのだが、実はこれ、「コンサート・ホール・ソサエティ」録音集というものだった。なんと…オリジナル音源が殆どだったそうで、こういうセットものが復刻されたのだ。そのほかにも、モントゥー、スーク、フルニエ、アルミン・ジョルダン、サージェント、グルダ、リヒテル、ストコフスキー、マゼール、ホリガーと錚々たるメンバーで録音がされたと言う。無名の演奏家もだいぶ入っているが…凄すぎる。

で、さて。先日、入手した386円のDVDにも「コンサート・ホール」のシリーズ名がついていた。コンサート・ホール・ソサエティを意識したのだろうか。知らないで適当な命名したのだろうか。…確実に後者だろうけど(笑)って確証あり。指揮者の表記が「ピーター・マーグ」だから。映像観るまでホントにマークが出てくるのか、心配させられる。

んで、オーケストラ名は、スヴィッツェラ・イタリアナ・オーケストラ…普通は、スイス・イタリア語放送管弦楽団と表記しなくちゃいけないところだ。適当に英語読みしちゃったんだな、指揮者名も、オーケストラ名も。なのにぬけぬけと「一流の演奏家が奏でる華麗なクラシックワールド」って書いちゃっている。知らないだろ…絶対。

そして、クラシックDVDとしてはレアなリージョンコード2。普通は0。要するにフリーなわけなんだが。

音質は…ぼちぼち。鑑賞に堪えられないってほどのものではない。値段を考えると何も文句を言う気はなくなるし、マークの指揮姿を見られるだけども、実は相当貴重なソフトだ。HMVのレビューに書かれていた「この値段の水準」と言うのは、どの程度のものかわからないけど、確実に「買い」ではあるだろう。

肝心のマークの指揮姿だけれども、まぁ、なんというか、うだつの上がらない感じだ。こんな感じで、あんな素晴らしい音楽を…と思うとびっくりだ。必見。

他にも出してくれるといいんだけど…第二のコンサート・ホール・ソサエティ目指して!って、この1本だけで、殆どまともなソフト出していないな、このレーベル。よく駅とか、ホームセンターで売っている500円DVDのレーベルだ…。まぐれ当たりなり。過大な期待はしてはいけない。

ジャケットも…酷すぎる…汗。

concerthall.jpg









拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.