忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 渋谷へ

渋谷のタワーレコードへ。もはや、大量のCDを店頭で物色できるのは、渋谷と新宿のタワーレコードしかない。でも、どっちの街も好きじゃない。なんか疲れる。こればっかりはさすがに爺臭く「昔は良かった」と言いたい。

久し振りの渋谷は、反原発のデモが楽しそうに闊歩していた。何なんだろなぁ、この妙に腑に落ちない感じは。上手く説明できないけど、凄く自分勝手な感じがする。あと「自然を守れ!」と「子供たちの未来のために」って言う人は大体偽善者だと思っているので、その手のプラカードを持っているとつい目をそむけてしまう。まぁ、それは個人的な考えなので、言論の自由が認められている国なんだから、じゃんじゃん、デモはやればいいと思うけど、ね。

さて、タワーレコードでは、何とかっていうコンビ名の女性ヴァイオリニスト2人組がミニ・コンサートとサイン会をやっていた。なんか、こういう、ライトな“クラシック”演奏家って出たり消えたりしているけど、一般的にどういう評価なんだろうか。判らない。

折角、ミニ・コンサートが始まったので、イヤフォンを耳から外して、傾聴しながらCD選び。いきなりルクレールを演奏するとは、なかなかの心意気。一生懸命トークを交えながら、ミニ・コンサート。何か判らないけど、がんばれ!

と、どこからともなく、ブルックナーが聴こえてくる。

「『魔笛』と言うモーツァルトのオペラがあるんですけど…」
「パパーンパンパン…」
「このオペラの曲で…」
「パパーンパパンパパンパパーン!」
「では、聴いてください!」
「パパーン、パパーン、パパーーーーーーーーーン!」

あ、クラヲタのおじさんが、視聴コーナーで大音量で聴いている(笑)。しかも、結構真剣に聴き込んでいる。多分、悪気はない。指揮は…していない。残念。でも、なんか、面白くって、笑ってしまいそうになった…。

こういうのって失礼になるのかな?「演奏者が一生懸命頑張っているんだから、敬意を払うべきだ!」と考えるべきなのか、「俺はブルックナーを買いに来たんだ!邪魔しないでくれ!」と主張するべきなのか。そんなことを考えつつ、ヴァイオリンの音色を後ろに、レジへ…。あんま、ひといないけど、終わると混むだろうから。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.