忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


モバイルR25に興味深いアンケート結果を発見した→こちら(PC版はL25)。好きな音楽のジャンルで、女性の第3位にクラシックがランクイン。男性のほうは…6位。そうなの?ホントにそうなの?CDショップに行っても男性の姿の方が多いように思うけど。

答えは多分こうだ。ヲタは、男>女、一般聴衆は、女>男ってこと。だもんだから、クラヲタが、「クラシック聴くよ~!」と言う女の子にヴァントのブルックナーについて熱く語っても、きっとドン引きされるだけなのだ。いや、おいらは語るけどね。あ、いや、ブルックナーはあまり聴かない。おいらはロリコンじゃない(関係ないか…)。

ところで。このアンケート結果のコメント…「意外にも女性の3位に「クラシック」がランクイン! みんな安らかな音楽で心をリラックスさせてるのかも? 」…ってさ、前にも書いたかもしれないけど、安らかな音楽ってクラシック音楽をどんだけ極端に解釈しとるね!?そりゃ、確かにそういう曲も多い。だけど、凶暴な曲も相当あるし、興奮しすぎて、本気で演奏家が舞台でぶっ倒れることもある。指揮者が演奏中に変な雄叫びを上げていることもある。憂鬱な曲もたくさんあるし、精神病の作曲家もたくさんいる。陽気になるような曲もたくさんある。要は多様ってこと。いー加減、クラシック=穏やかな心休まる音楽と言う曲論はやめて欲しい…。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
お久しぶりです!

>いー加減、クラシック=穏やかな心休まる音楽と言う曲論はやめて欲しい…。

ははは、そうですね。クラシック音楽の大半はモーツァルトの音楽で出来ているというイメージでしょうか。

しかし、モーツァルトでも黒々した音楽もありますが。
ピースうさぎ URL 2008/09/24(Wed)21:05:52 #EDIT
TITLE > 無題
お久し振りです&書き込みありがとうございます!

クラシックってクルクル白髪の貴族音楽ってイメージ強すぎますよね…。んで、高尚だとか何とか。少しイラッとします(笑)。大半の有名な作曲家は、古典派以降なのに!

モーツァルト…確かに『ドン・ジョバンニ』とかでリラックスはできないかもですね(笑)
schunsou 2008/09/25(Thu)20:08:41 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
おんとも。 | HOME |  ころんぬ。
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.