忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ウィーン旅後記、今日は最終編。帰国して1週間もやっていたんだから、まぁ、もういいかと(笑)。

ウィーンの全体的な印象は、とっても良かった。冬はたいそう寒いものだと聞いていたけれども、ちょっと前に、帯広&釧路に行っていたせいか、さほどに感じなかった。それよりも真っ白なシェーンブルン宮殿やベルデヴェーレ宮殿の庭園、もの寂しさを感じさせるリンクの雪化粧など、冬ならではの味わいを満喫できたんじゃないかと思う。音楽的にも冬はシーズン真っただ中なので、音楽ファンには堪らない。そんでもって、飛行機代もホテル代もオフシーズンのせいでだいぶ安くなっている。観光施設も空いていた。ヨーロッパ行くなら最初は冬にしようと思っていた思惑どおりである。

しかし、今度は、雪のないシーズンに行ってみたい、と思うのは、また、別の景色を見てみたいから。

これは山の師匠に言われたんだけど、気に入った山があったら、その山は12回楽しめる、春夏秋冬、メジャーな山ならたいてい3本くらいアプローチがあるもんだから、全部で12パターン。たぶん、旅行先にも同じことが言えるんじゃないかな?日本ほど、春夏秋冬がはっきりしていないかもしれないけど、色んな顔があると思う。

自分はあくまで観光者、地元の人の視点で街を歩きたい、なんて言ったら、自分の街を誇りにしているウィーン市民に対して失礼だけど、色んなウィーンを見てみたい、とは思うのだ。責めて、一見さんから常連さんにはなりたいな。そのためには、ドイツ語と言わないまでも、英語力をもっと身につけないといけない。そう、反省しきり。まぁ、それ以前にまた行けるかどうか、わからないけど(汗)。あくまでも希望。

もし次行く機会に恵まれたら、プラハとか、ブダペストとか、あるいは中欧の田舎町とか、また足を延ばしてみたい。ホント、ザルツブルクに足を伸ばしたのは正解だったから。

さて、これでウィーンのお話はおしまい。少しダークな気分になるけど、生活も、このブログも日常を取り戻していく。時たま、写真を見てこの1週間を振り返ることで、ウィーンやザルツブルクに思いを馳せて、生活の活力にしていきたい。

なんか、音楽が、もっと身近になった気がするから、音楽を聴いてもずっーとウィーンを感じられるようになったかも。


salzburg.jpg



 
















 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.