忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ようやく発表…ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(熱狂の日音楽祭)の有料公演プログラム。今年のテーマは「ショパンの宇宙」。宇宙っていうと、シベリウスとか、マーラーとかの方がしっくりくる。でも、まぁ、そういうんだから、まぁ、そうなんだろう。

ショパンは一般的に人気が高い作曲家だけど、ピアノ曲に極端に偏る。95%ピアノってイメージ。もう少し、ジャンルに広がりを持つ作曲家の方がこういうのはやりやすいんじゃなかろか、シンフォニックなものを期待している人たちがいると思うんだけど、その辺の需要をどうするんだろうか、この企画を聞いた時、そういった不安が湧いた。しかし、それなりにバッハでうまくやったことだし、良い意味で期待を裏切ってくれるんじゃないかとは思っていたけど…。

今回は、プログラムを見ただけで、「あー、やっぱし…」と。ときめかない企画だ。ポゴレリッチなんかも出てきて、ピアニスト陣は、まぁ、いいんだろうけど、逆に、それだけ。ピアニストなら1人でコンサート開けるからなぁ。不景気ゆえか。

シンフォニックな作品は、メンデルスゾーンやシューマン頼り。むしろ、メインは彼らにして欲しい、と思うが、マルタン氏的には「ショパン大好き!」なんだろうなぁ。メンデルスゾーン、日本では全然人気ないし。

ちなみに、おいらはショパンはあまり聴く作曲家ではない。たまに聴いて、いいな、と思うこともあるが、まぁ、好きな作曲家ではない。なので、ピアノのコンサートにはたぶん行かない。

相変わらず、コルボ、だけかな?今回は、モーツァルトのレクイエムとメンデルスゾーンのオラトリオ『聖パウロ』。このプログラムだけは萌えた。特に『聖パウロ』!!こういうのが聴けるからLFJはいいのだ。メンデルスゾーンは、一部の間で合唱曲が素晴らしいことで知られている。彼の管弦楽曲が苦手な人でも、声楽曲にはメロメロになるかもしれない。とにかく、美しい。メジャーなのは『エリア』だろうけど、敢えて、『聖パウロ』を持ってきたのは流石。きっと名演になるに違いない。

コルボ以外では、メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲が聴けるので行ってみようか、とか、その辺かなぁ。

とにかく、チケット販売もこれまでゴチャゴチャしてきたし、そろそろ飽きっぽい大衆は食傷気味になってきていると思うので、ショパンで大すべりしなければいいが。まぁ、「大成功でした!」って必ず言うとは思うけど。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.