忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1333] [1332] [1331] [1330] [1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324] [1323]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


HMVのニュース一覧を見ると、○○アワードとか、○○レコード賞と言う文字が見え始める11月。寒さとともに、こんなもので冬の足音を感じるクラヲタ・ワールド。とは言うものの、まだまだ「欲しいものリスト」には、年内発売予定の「ご予約商品」がズラリと並んでいる。それだけじゃなくって、今秋発売された新譜でも手が回り切っていないものもあって、まったく2013年の気になるCDを聴き切った気分にはなれない。

それなのに、○○アワードとか、○○レコード賞とか…まるでピンとこない。1月か、2月頃にやれば、納得いくのに。あ、いや、ほとんど見ないんだけどね。

ちなみに、年内発売予定のCDで注目のものと言えば、何と言っても、アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのモーツァルトだろう。プログラムは、交響曲第35番『ハフナー』とポストホルン・セレナード。2010年のアーノンクール最後の来日公演と同じプログラムだ。オーケストラも同じ。聴きに行ったものとしては、是非手元に置いておきたいCDだ。ムジークフェラインでのライヴ録音と言うのもうれしい。レーベルは、ソニー。

ナクソスからは、スラットキン&リヨン国立管弦楽団のラヴェルの管弦楽曲集。今回で第2弾。第1弾から1年を経てのリリース。ラ・ヴァルスをはじめ、今回も魅力的なプログラムだ。スマートに鳴り響くスラットキン節に今回も期待したい。

他にも興味深い録音がいくつかあって、2013年はまだまだ熱い!逆に財布は寒くなっていきそう…。旧譜には振り返らず進みたい(汗)。無理か…。

拍手[2回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.