忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


網走からウトロへ。陽の見えない曇天の中、寒気に粉雪が舞う。バスの窓外には青い海。ウトロにも流氷はない。打ち上げられ、取り残された流氷が海岸にごろりごろりと転がっているばかり。水平線は、どこの海岸でも見られるありきたりな水平線。流氷の白い帯を見ることすら出来ない。暖冬なのだろうが、少なからず温暖化の影響もあるようだ。ここ知床は流氷の南限だから、些細な温度変化も敏感に感じ取り、大きな変化として顕著に現れる。昔は、「網走まで渡って行けた」とまで言われたそうだが、大仰な虚言にしか聞こえない。

翌朝、予定していた流氷ウォークは、予想通り、中止。スノーシュートレッキングに変更となった。ウトロの街から5kmほど先にある知床自然センターからフレペの滝を目指す。往復2kmほどの行程だが、ガイドさんがあれこれと面白おかしくレクチャーしてくれるのでたっぷり2時間コース。

IMG_3050.jpg














風光も明媚。知床の太陽は薄い雲を通して、柔らかに優しく雪原に弱い光を降り注ぐ。白い空に今にも溶け込んでしまいそうな知床連山は、僅かな陰影をつけて、その存在を我々に知らしめる。フレペの滝は、光の屈折で仄かに青みを帯びて、オホーツク海を望む断崖絶壁で凍てついている。子連れの雌の蝦夷鹿は、人を全く気にする様子もなく、食事に夢中だ。青い海には、塵のように薄い流氷が群れて、一条の筋を成している。その上を大鷲がゆったりと飛んでいく。全てが知床オリジナル。確かに本州にはない趣だ。

IMG_3092.jpg














ウトロに戻ると幸い流氷が接岸している部分があったので、間近で楽しむことが出来た。波に弄ばれ、押しては引く流氷をぼんやりと眺める。動きは緩慢で、激しさはない。幸い帰りのバスからも、もう少し大きな流氷の群れを見ることが出来た。なんとか…目標は達せられた。

IMG_3136.jpg














網走に戻った頃には、とっぷりと日は暮れていた。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.