忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1234] [1233] [1232] [1231] [1230] [1229] [1228] [1227] [1226] [1225] [1224]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


朝一番で、越前鉄道とバスを乗り継いで永平寺へ。越前鉄道は単線、1両編成のローカル鉄道。運転手さんが、チケットの確認までする、まるでバスのようなノリで運行されている。バスには、おいらのほかは、1人だけ。途中から小学生が大量に乗ってくる。スクールバスに紛れ込んだようだ。

永平寺は曹洞宗の大本山。入り口から貫禄がある。通用門でチケットを買って中に入ると、靴を脱いで屋内に進む。ここでチケットの回収。で、言われる。今は、食事と回廊掃除の最中である、と。宝物館などを見学して、1時間ほど時間をつぶしてから案内される。さすがに床はピカピカ。ここは一度も靴を履くことをなく、お寺の内側だけ見学するタイプ。既に修行僧たちの姿は、あまりなかったのだが、それでも厳格な空気がピリピリと感じられる。マナーが悪ければ、警策(座禅のとき修行僧を打つ棒)が飛んできそうだ。ここにいると、宗教はすがりつくもんじゃなくて、自分の中にある何かなんだろうな、とか思う…いや、なんだかわからないけれども(汗)。

紅葉の永平寺を後にして、福井市内に戻り、夜の便で羽田へ。相変わらず、凄まじい勢いでバスが発着している。やはりこの空港は日本では、別格なんだな…。

d3aa5ca4.jpeg













 

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.