忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122] [1121]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


まったくそんな気がしないんだが、年末なんである。もういくつ寝るとお正月…なのである。お正月と言えば、おせちなんだけど、おいらはあれが全く好きではない。見た目は豪華でよろしいんじゃないかと思うんだが、一つ一つを見るとまるで食欲がそそられない。お値段もン万円とか…。

さてさて、話題転換。今年を振り返ってみると、相も変わらず、CDを買い続けていたんだけれども、コンサートも随分と行った。コンサートゴアーと言える程じゃないと思うけど、8月までに17回行った。9月以降は0回。要するに気分屋である。たぶん、8月にヨーロッパでコンサート三昧をやったので、それで満足しちゃったんだと思う。

ジャンルは、海外で聴いたのは、オーケストラ(オペラ含む)、国内で聴いたのは、古楽、室内楽。はっきり分かれてしまった。理由は、あるんだが、まぁ、あまり分析的になってもしょうがない。国内のオーケストラに接する機会がなかったのはあまり良くないことかな。

印象に残ったコンサートを一つ上げるとしたら…コンチェルト・ケルンかな?プレトニェフ&シュターツカペレ・ドレスデンやラトル&ベルリン・フィル、ミョンフン&チェコ・フィル、ビシュコフ&ウィーン・フィル、ブロムシュテット&ウィーン響、バレンボイム&ウェスト=イースタン・ディヴァン管も脳味噌の天辺まで痺れるぐらい感動したんだけど、コンチェルト・ケルンの衝撃は、ほかのオーケストラから感じた感動とは全く別物。新たな世界を見せつけられた感じ。来日を強く望む。でもなぁ…日本じゃ満席にならないだろうなぁ。

何だかんだ言って、良いコンサートが多かった。ラ・フォル・ジュルネもなんだかんだいって楽しめたし。国内のコンサートについては、大変な時期に来日してくれた演奏家たちには感謝の念に堪えない。

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.