忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


年末…外出はほぼ秋葉原のみと言う悲しい毎日。しかも、その90%は石丸電気クラヲタ館。これが五反田にあれば五反田に、大塚にあれば大塚に行くことになるのだから、I love Akihabaraと言うことではないのだ。ええ、決して…。もう、萌え尽きそう…。

さて、年末とも秋葉原とも一切関係なしに、ふと、
サティを聴いてみることに。思えば、サティと言えば、ジムノペディくらいしか聴こうとしなかった。持ってはいるんだけど、ね。つか、ジムノペディのついでにほかの曲も聴いていたんだけど、ね。どっからどこまでがどの曲か、とか全然意識しないで、流しっぱなしにしていて、いつの間にかCDが終わっていたとか、そんな世界。聴いていると言えない。ちょっと構えて聴いてみるか、と、代表作『干からびた胎児』を拝聴。

…で、ま、やっぱりタイトルが気になるわけじゃないですか。『干からびた胎児』ってなんやね?と。詳しくは、
こちらのホームページに任せておいて…聴いただけじゃ絶対判らない。「胎児ひからびちゃってるね~」、とか、思えない。曲名知らなければ、軽くユーモアを交えた、オサレな曲と言う錯覚さえ覚えかねない。2曲目の「無柄眼類の胎児」なんてアンニュイな雰囲気で、どこが無柄眼類の胎児なのか判らない。きちっとした解説を読んで先入観を植え付けてから聴けば…「あ、そうなのね」となるので、そうすること。重要。じゃないと、この珍妙なタイトルはただの釣りにしかならない。CDはチッコリーニの新盤。超定盤、名盤。とりあえず、抜粋の名曲集のみ所有。

satie.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.