忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


L.A.を軽くうろちょろした1週間…その中で、幸いにも音楽的体験も出来た。折角なので、遠い過去になる前に感じたことなんかを、少しまとめておこうと思う。備忘録的意味も込めて。

●L.A.OPERA

さて、まずはL.A.オペラについて。ドライブ事情にしても、ガソリンスタンド事情にしても、スーパーマーケット事情にしても、日本しか知らないおいらは、悉く、日本と比べてしまう。オペラ事情にしても、その他の音楽事情にしても、そう。オペラについては、実は、日本でも1度しか行ったことないんだけど、まぁ、いくらかは“経験上”で比較できると思う。

それで、日本のコンサートとL.A.オペラで何が違うって…一番違うのは客である。L.A.オペラは、演奏についていえば、出演者を見れば判るように日本では知られていない“穴場”であり、ホールについていえば、そもそも、L.A.フィルのためのホールであり、オペラ座仕様ではないが、著名なホールには違いない。実際、演奏は素晴らしく、ホールも中途半端に古いとはいえ、日本のホールにはない豪奢なものだった。しかし、それ以上にカルチャーショックだったのは、客だったのだ。

兎に角、演奏に対する反応がやたらといい。ノリがいい。面白ければ、遠慮仮借なく笑うし、良い歌を聴けば、とことん大喝采を送る。口笛まで吹く。アリアが終わってしまえば、オーケストラのコーダが続いている最中からウォーッて盛り上がるもんだから、気分が高揚する。客が滅一杯楽しんでいるのが凄くよく判る。

それと、なんか、ユルイ…演奏が始まると、日本だと咳をするとぶっ殺されそうな雰囲気があって、息が詰まりそうな気がして、逆に咳が出てしまう、と言う恐怖があるのだが、L.A.オペラではそういう、ピリピリ感は全く感じなかった。途中でトイレに出て行った婦人が普通に席に帰ってくるし、フライング・ブラボーだって、ほぼ全員でやっているようなもんなので、気にならない。演目が演目(『愛の妙薬』)だけに、そういうことになっているんだけど、指揮者が指揮棒振っているうちに大喝采になってしまうのだ。同じ演目をやっても日本ではこうはならない。演奏者のほうも、とても楽しそうで、カーテンコールのはしゃぎっぷりは、観客を上回っていたりする。指揮者を中心に出演者がダッシュして、喝采に応えるし、何故か、カーテンコールの最中も、舞台の上で奏楽隊がチロチロ演奏して、場を盛り上げたりしている。

演奏のレベルが高いだけじゃなくて、こうやって客と演奏者が一体になって、自然体で音楽を盛り上げて、楽しんでいるのがL.A.オペラ。そりゃ、チケットは安くないし、来場者はビバリーヒルズやサンタモニカの金持ち連中ばかりかもしれない。だけど、堅苦しくないのだ。凄く気楽に楽しめる。ラ・フォル・ジュルネ(LFJ)でも、成し得ない、気軽に楽しめるクラシック音楽の空間がここにはある。おいらはこういうほうが好きだ。音楽は、音“学”じゃなくて音“楽”なのだ。日本の堅苦しいクラシックの音“学”的扱いは、好きじゃない。

続いて、L.A.Philと言う存在について…書こうと思ったけど、長くなったのでまた次回にでも。


laopera.jpg












拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.