忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[716] [715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


あー…あーあ…プレトニェフ、タイで14歳の少年に性的暴行を加えたとかで、逮捕されたらしい。こんだけのビックネームなのにNHKのニュースのタイトルは単に「タイ ロシア人音楽家を逮捕」。視聴者は知らないのが大前提だとこういうタイトルになるんだろう。確かに、普通の人は知らないかも。だけど、このクラスの演奏家は日本にはいない。指揮者兼ピアニスト…指揮者は小澤征爾なら知名度で互角かもだけど、ピアニストとしては、プレトニェフ並の名声を得た日本人はいない。内田光子は評価は高いが、プレトニェフ並の名声を得たかと言えば、それはちょっと…。

言ってしまえば、日本人で最高の指揮者と最高のピアニストを足しても追いつかないような、すごい人なのに単に「ロシア人音楽家」。これは逆に言えば、日本でキャッキャ騒いでいるような演奏家も外国に行けば、大した認識はされていないと言うことでもある。演奏家に限らない。スポーツ選手でも、俳優でもそうだ。残念だな。

さて、プレトニェフ、真実だとしたら、ダメダメだろ。どうなるのかわからないけど、もったいないなぁ。努力したって得られる才能じゃないのに…。とは言え、プレトニェフは捕まって、クレンペラーは捕まらずに堂々と生きていたと言う謎。クレンペラーは合法だったのか?話だけ聴いていると、良く逮捕されなかったものだと思うんだが。

ちなみに、プレトニェフの録音は、ちょっと前に出たベートーヴェンの交響曲全集が激烈に面白い。ベートーヴェンの交響曲全集なんて、凄まじい数がリリースされていて、新たにリリースされる必要なんてもうないんじゃないか、需要なんてもうないんじゃないか、と思っていたんだが、こういう面白いことができるなら、全然ありだ!と思ったものである。もし、CDショップから消えるようなことがあるなら早めに買っておいた方が良い。芸術そのものに罪はない、と思う。ほかにもプレトニェフの演奏は結構好きで、そこそこ持っているけど、廃盤にしないでもらいたいなぁ。

そう言えば、プレトニェフのサインCD持っているんだよなー。誰でも書けるやつwあの時聴いた『春の祭典』は素晴らしかったなぁ。やっぱ、これで楽壇から姿を消すとしたらあまりにも勿体ないなー。才能を誰かに譲れるような技術があればいいのに!そんなことしたらだれも努力しなくなるか…。

それにしても、マスコミってきちんと犯罪者っぽく写真撮るもんだな…。人を蔑む能力には長けている。

pletnev-grieg.jpg






拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.