忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ ほし。

帰宅途中、オフィスビルの合間から見上げる街の空は、
ネオンや信号や自動車のライトの薄汚れた光に澱み、
星たちの僅かな光も見出すことは出来ない。
この薄汚れた空を見るたびに思い出すのは、
一人山の上でぼんやりと眺める無数の星の輝きである。
海辺でも星の綺麗なところはあるのだけれども、
一つ地面より天空に近付いた山の上、
冷たい空気に研ぎ澄まされた星の輝きは、
独特の世界を醸しだす。
うっすらと浮かんだ山影と月明かり、星明りが、
人の心をしんとさせ、妙に敬虔な気持ちにさせるのだ。

朝が近付けば、一つ、また一つと、星は消えていく。
そして、残った少ない星のひとつが、つんと尖った向こうの山の上、
きらりと気丈に光っている様も、また、力強く、麗しい。

そう言えば、音楽に星を題材にした曲ってどれほどあるだろう?
真っ先に思い浮かぶのはホルストの組曲『惑星』、
それからモーツァルトの交響曲第41番『ジュピター』。
ただ、どちらも神話や占星術に基づくあって、
星の美しさに触発されたものではない。

他には…と、色々と思い出そうとしてみるけれども、
なかなか該当しそうな曲が思いつかない。
自然賛美が大好きなイギリス音楽でさえ、
該当しそうな曲が見当たらない。意外なもんである。

で、あれば…スターバト・マーテル…(…)。

ちなみに、クラヲタの場合、
スタバと言えば、スターバト・マーテル…。
「スタバでお茶しよう」は、スターバト・マーテルについて、
喫茶店で語ることである。なので、クラヲタに、
「スタバでお茶しよう」と言われたら、「どこの?」ではなく、
「誰の?」と訊いてあげましょう(ウソ)。

※スターバト・マーテル(クラヲタじゃない人向け解説)
宗教音楽の一つ。「悲しみの聖母は佇む」と訳される。『公教会祈祷書』では「悲しめる聖母の祈り」となっている。単に「聖母の祈り」と訳されることもある。対抗宗教改革を打ち出したトレント公会議で、典礼音楽から除かれたが、1727年解除となったため、以後、スカルラッティ、ペルゴレージ、ヴィヴァルディ、ハイドン、ドヴォルザーク等様々な作曲家によって作曲が行われた。(参考資料:井上和男編著『クラシック音楽作品名辞典』三省堂、1998年)

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
オレは夜景のきれいな場所をいろいろ調べてデートとかでつかっていました。
だが、そんな有頂天なオレに埼玉県の友人が一言。

「夜景?・・はぁぁ?オレなんかちょっと北に行けば満天の星空がみえるぜ。」

・・・この一言に敗北感たっぷりでした。
seiji_s600 2007/01/24(Wed)01:36:47 #EDIT
TITLE > 無題
おいらも夜景よりも星の方が綺麗だとは思うけど、それは主観って言うか、それぞれのセンスによると思うよ。夜景の方がきれいだと思えばそれでいいんじゃないのかな?両方見て「おれは夜景派だ!」と思えばなんでもない話で、敗北感を感じる必要はないと思います!
schunsou 2007/01/24(Wed)13:31:55 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.