忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1397] [1396] [1395] [1394] [1393] [1392] [1391] [1390] [1389] [1388] [1387]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日がヴィヴァルディなら今日は…そりゃ、モンテヴェルディでしょ。バロック音楽とオペラを確立させた音楽史上の巨人中の巨人。生涯の大半をここヴェネチアでサンマルコ大聖堂の楽長として活躍した。

と言うわけでまずはサンマルコ寺院へ。長蛇の列に一瞬びびるが、無料の施設と言うこともあって割合と早く入ることが出来る。内部はホント凄い。煌びやかなステンドグラスに囲まれているわけでもないし、荘厳なオルガンがあるわけでもない。壁、天井に一面に描かれた古の宗教画をただただ呆然と眺める。ここは本当に21世紀の世界なのだろうか。ここだけは時代が動かず、異空間を守り続けたように見える。

音楽史的にはモンテヴェルディに限らず、さまざまな歴史が作られてきた場所でもある。何気に音楽の聖地でもあるのだ。

サンマルコ寺院の次は、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島へ渡ってみる。別にモンテヴェルディは関係ない。ただ行ってみたかっただけ。ヴェネチア本土の眺めが素晴らしい。

サンマルコ広場に戻って、今度はアカデミア橋へ。ヴェネチアの風景には欠かせないS.M.デッラ・サルーテ教会に行ってから、カナル・グランデをぐるっと周り、サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会を目指す。

観光客こそさほど多くはないが、ヴェネチアではサンマルコ寺院に次ぐ規模の教会である。そして、ここにはモンテヴェルディが眠っている。

入ってみると確かに大きな教会で、歴史を感じさせる風格がある。著名な画もたくさんあるようだ。モンテヴェルディは、中央の祭壇の左側。名画に囲まれ胸像も置かれているが、訪れる人は少ない。

サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会を後にして今度はリアルト橋へ。相変わらず人が多い。一旦、ホテルで休憩してから今度はサンマルコ広場の鐘楼へ。夕陽に染まるヴェネチアはとても美しい。

昼食にイカ墨のパスタを食べたと言うのに再び注文。これが美味しいんだよねぇ。

 

拍手[1回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
日の長い季節の訪問うらやましいです~。

夕日のいい写真ですね。
教会の塔とか鐘とかがやっぱり一番高いところでしょうか。
yucca 2014/08/05(Tue)12:28:32 #EDIT
TITLE > 無題
こんばんは。

そうですね。
サンマルコの鐘楼が一番高いみたいですよ。
schunsou 2014/08/06(Wed)06:04:03 #EDIT
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.