忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1395] [1394] [1393] [1392] [1391] [1390] [1389] [1388] [1387] [1386] [1385]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヴィヴァルディの風景を求めてヴェネチアにやってきた。

最近ヴェネチアには直行便が出来たと言う話を聞いたけれども、今回は経由便を利用。成田からまずはフランクフルトを目指す。出発に手間取ったのと、フランクフルトで予定した駐機場に入るすぐ手前で自動車事故があったせいで、到着が30分以上遅れる。なんとも珍しいアクシデントだけれども、飛行機の遅れる理由なんて何でもありだ。別の駐機場に移動するものの、地上の係員の移動が間に合わない。到着してもなかなか降りることが出来ず。当初1時間半以上あった乗り継ぎ時間は、1時間程度にまで縮まっていた。

フランクフルトで1時間は正直相当厳しい。焦る気持ちを抑えつつ急いで空港を移動する。手荷物検査を突破した所で、次に乗るヴェネチア便の出発が30分程度延びていることを知る。飛行機の時間が遅れてほっとすることなんて滅多にない(笑)。落ち着いて入国審査へ。

結局、当初予定していた時刻の1分程度前に到着することが出来た。この遅れは待っていてくれてのことかどうかは判らないけれども、無事ヴェネチアに到着することが出来た。

ヴェネチアの空港からは船で移動する。この街は自動車では入れないため、バスはほんの入り口までしか行ってくれない。船ならリアルト橋やサンマルコ広場まで運んでくれる。それに、「船で入ったほうが風情がある」と教えてもらったこともあり、迷わずこれを選択。出発してすぐは湿地帯になっていて野鳥の楽園だ。のんびりとした船なのでアジサシがフワフワと追いかけてくる。ベニアジサシっぽいが、国が変われば、別の種類もいるので何だかわからない。

1時間以上掛かってリアルト橋へ。ここからホテルまでは5分ほど。部屋は5階だがエレベータはない。ホテルにではいるするのが億劫になってしまいそうだ。

荷物を置いたら早速街歩き。夜の8時を過ぎているがまだ明るい。アカデミア橋まで行って戻ってくる。道は複雑だがなぜか迷わない。いや、迷った気がしない。街の風景は流石だ。ちょっとした隙間を切り取っても絵になる。

所々の教会でヴィヴァルディの観光用コンサートが開かれている。ちゃんと「今時の演奏」をしてるのだろうか。少し気になる。

帰りがけにレストランで食事。時差ぼけで眠たいのにがっつりいただく。明日は早速ヴィヴァルディの名所めぐり…かな?もちろんウォークマンはヴェネチアの作曲家でいっぱいだ!

楽しみ、楽しみ!

 

拍手[1回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.