忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089] [1088] [1087] [1086]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ほてっと起きて、博物館島。ペルガモン博物館を歩く。巨大な神殿をそのまんま持ってきました、と言う、超絶大技を見せてくれる凄い博物館。ほかにもイスラム文化など興味深い展示物満載。じっと見ていると、ふと、この遺跡を使っていた時代があって、そこに何人もの人がいたと言う当たり前のことが、じんわりと実感を持って感じられてくる。ちょっとしたタイムマシーンに乗ったような感じ。いつまでも見ていると時間があっという間に過ぎてしまうだろうから、さっくり回る。

そうそう、ペルガモン博物館の前にすし屋に行ったんだけど、ここは凄い人気の店だった。待ちの人も結構いるくらい。店内ではドイツ人がもりもりすしを食べている。案外、箸は器用に使っているが、ガリを醤油につけたり、シャリをびっしゃびしゃに醤油に浸していたりと、まぁ、それなり(笑)。それ、醤油の味しかしないんじゃないか?と突っ込みたくなる。寿司自体はおいらが今までヨーロッパで食べたものの中では、最高。でももちろん、キワモノ。味噌汁と言うより、しょうが汁の味がしたサーモン・スープが印象的。

さて、今日は、かのフィルハーモニー・ホールで、ベルリン・フィルのコンサート。シーズン・オープニングである。つうこって、指揮者はもちろんサー・サイモン・ラトル。曲目は、マーラーの交響曲第7番『夜の歌』。外はまだ明るかったけどベルリン・フィルは夜の歌を歌う!

席は1階前よりのど真ん中と言うなかなかの好位置。存分にベルリン・フィルのエネルギーを感じることが出来た。マーラーの中ではあまり聴く曲じゃないけれども、こんなにも聴き応えのある曲だったとは。あっという間に時間が過ぎてしまった。ちなみに観客の中、つうか、おいらの直ぐ後ろに大物がかたまっていたらしく、お付のカメラマンまで来ていた。誰でも良いが、近過ぎないでよかったなぁ…。まぁ、ベルリン・フィルの開幕となればいろんな人が来るのだ。

夜はホテルの近くのレストランへ。夜の風が気持ちいいビア・ガーデン風。明日は…何を食べよう(笑)。

07.jpg
 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.