忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[1475] [1474] [1473] [1472] [1471] [1470] [1469] [1468] [1467] [1466] [1465]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


3連休に新穂高ロープウェイと白川郷に行ってきた。

新穂高と言うと登山者にはよく知られた北アルプスの登山口で、自分もよく行くのだけれども、ロープウェイには乗ったことがなかった。第1ロープウェイと第2ロープウェイにわかれていて、両方の往復券がセットとなって2,900円。これを安いと思うか、高いと思うかは天気次第だ。登山者が大変な思いをして得られる景色が、観光地感覚で得られるのだ。逆に曇っていれば、何も見ることができない。ただ真っ白な世界。

この日は高曇りで、空は真っ白だったものの、遠く水晶岳まで見ることができた。正面に見える笠ヶ岳は、双六方面から見るような見事な笠の形はしておらず、稜線上の小さな山にしか見えない。しかし、その高度感を楽しむには絶好のポジションだ。振り返って反対側の西穂高岳は、峨峨とした立派な山容で、ついついカメラのレンズを向けたくなってしまう。槍ヶ岳は遠くに小さな穂先を見せるだけで、いまいち迫力はない。

登山者からしてみれば、悔し紛れに、「歩いたほうが良い景色は見えるさ」とも言いたくなるところだけれども、この景色は紛れもなく登山者の見る景色だ。

この日は3連休と言うのに、大した待ち時間もなく、スムーズに搭乗できた。穴場である。

白川郷は雨で、景色は霞みがち。世界遺産ということもあって、駐車場は大渋滞。車を入れるのに1時間もかかってしまった。

ここは外国人、特にヨーロッパ系の人が多く、世界遺産の力を思い知る。

城山展望台から見下ろす定番の景色もいいが、村を歩きながら、茅葺の家を身近に見るのが楽しい。所々に咲く花を前景後景に入れて、ここではみんながカメラマンになれる。

岐阜県内とはいえ、少し離れている2箇所だがともに見応えのある観光地だと思う。





拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.