忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


熱狂の日事務局から公演時間変更の連絡。ロッシーニの小荘厳ミサ、2公演の演奏時間を下記の通り変更するとのこと。なお、その後の公演についても、繰り下げられる(各一公演)。

5月4日 公演番号347
      20:00~20:45→20:00~21:20
5月5日 公演番号443
      13:00~13:45→13:00~14:20

ほぉ、そうなんだ…って、えー!!小荘厳ミサは80分近い曲なのに、45分の演奏時間しかとっていなかったんだ。凡ミスなり。「変更情報の更新」…でいいのかな?プログラムに影響出ちゃった人は、やむ得ぬ変更で済まされちゃう範囲なのかな?おいらは特に影響はないけど…。つか、プログラム作りってどういうスタッフでやっているんだろう?「いやぁ~、そんな長い曲とは知りませんでした」とかw。巨大なイベントなんで大変なのでしょう。

ちなみに、他の公演は、45分だからこの公演は得だ。80分もコルボの音楽に浸れる。

先週末あたりから、この曲もちょくちょく聴くようにしているが、なかなか素敵な作品だ。ロッシーニ晩年の作品なのだけれども、ロッシーニって若いうちにほぼ作曲の筆を折っちゃった人で、晩年の作品って凄く限られている。オペラ作曲家として知られているけど、オペラの作曲をしていたのは30代後半まで。だから、世間一般で知られているロッシーニって、30代までのもの。その後は、美食にふけって余生を楽しんだ、ってのが良く知られている話。その美食にふけるのもそろそろ飽きてきたか…と言う72歳頃に書かれた作品がこれ。

教会音楽に手を出して、これは悟っちまったのか、と思いきや、ロッシーニはそんなにぬるい男じゃなかった。やっぱロッシーニはロッシーニ風。歌心満載の美しくも明朗な音楽。ヴィヴァ、ウィリアム・テル。たまにオペラ聴いているような錯覚に陥ることも。いろんな意味で傑作なり。これが、ロッシーニの荘厳。ちなみに、オーケストラ版もあるらしいけど、オリジナルは、ピアノ伴奏。それが小荘厳たる所以。まだ、途中までしか聴いていないけど、是非、演奏会場にも足を運ぶことをお勧めできる作品。

ちなみにおいらが聴いているのは、クレオバリー盤。ポップ、ファスベンダー、ゲッダと往年のスター歌手がぞろりと揃い、伴奏のピアノをラベック姉妹が弾くというバブリー盤。お勧め。EMIの廉価盤で入手可能。ジャケットが安っぽいのは、勘弁。

rossini.jpg





拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.