忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


チケットをファミマでゲットしてきた。最前列の1公演をのぞけばまずまずの座席。ほぼ正面の列に集中した。幸運。

で、突風吹きすさぶなか、今日もシューベルトのミサ曲第6番を聴く。ヴォルフガング・サヴァリッシュ&バイエルン放送交響楽団のCD。シューベルト、合唱作品集(7CD)の一枚。ミサ曲6番には出ていないんだけど、ポップが活躍しているセットなので、それだけの理由で買ったもの。ここに来て大活躍だ。スターバト・マーテルも入っている。

コルボもミサ曲第6番とスターバト・マーテルは録音している。と言うか、ミサ曲はこのたび新譜として出る。合唱の神様…だけど、シューベルトはあまり録音していなかったみたいだ。この節、両方とも買ってもいいかと。

それと“1828年のコンサート”にあるセレナーデは『白鳥の歌』に入っているあの有名な曲とは違うことに気が付いた。D.920―ややこしや~、ややこしや~♪

そう言えば、話は飛ぶけど、ハーン&サロネンのシベリウス買います!(なぜか宣言)カップリングはシェーンベルク…はっ!来年の熱狂の日、20世紀音楽とかありじゃないか?よーしっ!そこでイギリス近現代音楽だ!

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
チケット争奪戦、ご苦労様でした。
私もこれまで全く聴いたことのなかったミサ曲6番をGiuliniで勉強中です。

とても楽しみです!!
Danke schön!!
F2 2008/02/25(Mon)12:19:56 #EDIT
TITLE > 無題
いえいえ、とんでもないです。
ジュリーニですかぁ~。確か、シューベルトの合唱曲いくつか録音していましたよね?先ほど、HMVで調べたらベームのDVDなんかもあるんですね。楽団はウィーン宮廷楽団…って何だろう?ちょっと興味ありです。

聴けば聴くほど楽しみになってくる曲ですね!!
schunsou 2008/02/25(Mon)17:10:31 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.