忍者ブログ
http://schunsou.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/07 schunsou]
[10/02 F2]
[06/26 schunsou]
[06/24 F2]
[05/19 schunsou]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
schunsou
HP:
性別:
男性
趣味:
クラヲタ、登山
バーコード
ブログ内検索
過去の記事(Since2004.4)
カウンター
カウンター
アクセス解析
[925] [926] [927] [928] [929] [930] [931] [932] [933] [897] [898]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Jacob Ludwig Felix Mendelssohn-Bartholdy…
いつまでも、ブラームスで渋く決め込んでいるのもなんなので、
今日はメンデルスゾーンで爽やかに浮かれてみた。

聴いたのは、チェロとピアノのための作品集。
スティーブン・イッサーリスのチェロとメルヴィン・タンのピアノによる録音。
ピアノがフォルテピアノってのがおつなところ。
普通のピアノに比べると華やかさに欠けるけど、
逆に素朴な味わいを出していて◎。
イッサーリスは相変わらずまろやか。あったまるぅ。
と言ってぬるいわけでもなく、ノリもいい。
メンデルスゾーン、ベターーーッとやられたらしんどいから。

実はこの作曲家、自分の大好きな作曲家の一人なのだ。
好きな作曲家ベスト10には入るハズ。
主だった作品の多くは20代に作曲されたものなので、
年代的にも共感するものがあるのかも…。

それにしても…
20代で以後100年以上に亘って聴かれる音楽書くって…凄すぎ。
モーツァルト同様、この人の脳にも悪魔が棲んでいたのかも。

ちなみに、今は、スコットランド聴いていた。
晩年(と言っても34歳)の傑作だけど、この曲、一生聴き続けそう…。
…って、大体の曲はそうか。
実は、殆ど「飽きた!」って曲は存在しない。
なんでも長持ちする質なのだ。

 

拍手[0回]

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログランキング・にほんブログ村へ
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 音楽雑記&四方山話 ] All Rights Reserved.